« 健全な肉体に幼稚な精神は宿る | Main | 答の無い問い »

2008.04.23

異世界への扉

春というのは、そこここに異世界への扉が開かれているはずの頃だ。
異世界とはどのようなものかというと、例えば、H.G.ウェルズの「堀についたドア」という短編小説に実に美しく描かれている。この物語の主人公は、少年の頃、一度だけ、その世界に入った。その後、何度かチャンスはあったが、ついに二度とそこを訪れることはなかった。
ウェルズがなぜ、こんな突拍子もないことを小説にしたかということであるが、いろいろな国に伝わる似たような伝説を読んだか、あるいは、自分でその世界をちらと垣間見たか。
その異世界。仮に次元界とでも呼ぶことにする。この世と重なるように存在するが、普段は見えない世界。いきなりその世界を見ると、幽玄の世界としか言いようがない。川が流れていたり、花が咲き乱れている場所が多いし、妖精や天女もいるし、そこに入れば仲良く彼女達と遊ぶこともできるであろう。
そのような次元界に入る方法も、いろいろに伝えられている。例えば、子供の頃に住んでいた処の風景を思い描き、その中に入っていくようにすれば、知らないうちに次元界に入っていることもある。
あるいは、想像の力を使って絵の中に入っていくという方法もある。
うとうとしながら、美しい天女と戯れる想像をしていると、一瞬、その世界にいることもある。人はそれを夢と言うし、確かに、それが夢というものだろう。
愉快な仙人と酒を酌み交わすのも楽しいものであり、そのような想像をしていると、次元界の波長とすっと同調することもある。
次元界との接触は、心を豊かにし、精神や身体を癒し、活力を与えてくれることだろう。
我々人間にとっても、その世界は非常に大切なものである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 健全な肉体に幼稚な精神は宿る | Main | 答の無い問い »

Comments

想像力でもなく、
想像をはるかに越えた人と
実際、接触し酒を酌み交わすのも豊かですよ!
http://www.artsliders.com/2008/04/post_116.html#more

Posted by: トーゴー | 2008.04.24 08:11 PM

部屋の散らかり具合が素直に気に入った。
混乱の中にこそ美は存在する。
まあ、私も部屋も散らかっているので(笑)。
年も30以上違うと、かえってうまくいくものらしい。最初から異なる人間という認識ができるのがその理由らしい。かえって、15違いくらいだと、相手との違いが分からなくて。自分のペースを主張するらしいですね。
良いお友達がいて羨ましいですね^^

Posted by: Kay | 2008.04.24 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 異世界への扉:

« 健全な肉体に幼稚な精神は宿る | Main | 答の無い問い »