« 報恩 | Main | 天使に関心を持たれる人間の特徴とは »

2008.04.07

学校教師の質を向上させるには

私は常々「不要なものを求めなければ必要なものは必ず得られる」と書いているが、これは真実である。
そして、不要なものが得られてしまった時は注意する必要がある。
例えば、せいぜいが200万円くらいの年収が相応しい者が500万円の年収を得た時は気を付けた方が良い。いい気でいるとロクな目に遭わない。
分不相応の素晴らしい恋人ができるということは、ままあることである。その場合は、よくよく相手を大切にし、後から陰徳を積むことを忘れると悲惨な目に遭うかもしれない。
たまたま美人に生まれたせいで、お金持ちと結婚した場合は、特に慎まないと大変なことになりかねない。
タナボタなんてものは、ないにこしたことはない。タナボタだらけの私が言うのだから間違いない(笑)。
ただ、タナを自分が作った場合のタナボタはまだ良い。良いタナを作れば幸運にも恵まれよう。良いタナとは陰徳である。神様は、タナ以上のボタモチをくれる場合が多いから、その場合は、くれぐれも謹んで受けるように。

公務員の中には、国が非常識どころか、狂気といえる高給を設定してしまっているものも多い。それをやった役人は責任を取るべきである。もらう方もロクなことはないのだ。
例えば、もはや問題を起すのが日常茶飯事の学校教師であるが、連中の起す問題は「誰にでも間違いはある」とか「つい」といった程度のものではない。その幼稚さ、レベルの低さは驚愕ものである。これも異常な収入を与えているゆえに起こる惨劇である。教師の質を上げるには、せめて学校教師の収入を年収で平均200万円カットすることだ。国も大変な財源となる。そして、それだけカットしても、まだ教師の収入はあまりに分不相応であることは間違いあるまい。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 報恩 | Main | 天使に関心を持たれる人間の特徴とは »

Comments

私も早く良いタナが出来るように為りたいものです
日々精進
これが私のタナ作りかなぁ^^

今夜のセミナーにwで・・

Posted by: Hide‐Pyon | 2008.04.08 at 02:05 AM

「棚がなければボタモチ落ちず」
「思い立たねば吉日は来ぬ」
「歩かぬ犬は棒にもあたらぬ」
栗山天心さんの新型故事です。

Posted by: Kay | 2008.04.08 at 10:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/40804426

Listed below are links to weblogs that reference 学校教師の質を向上させるには:

« 報恩 | Main | 天使に関心を持たれる人間の特徴とは »