« 幻視 | Main | 天使と幽霊との対話 »

2008.04.26

夢と惑いがあざなえる世界で

大正・昭和の小説家・推理作家である江戸川乱歩は、サインを求められると、色紙に「うつし世はゆめ、よるの夢こそまこと」と書いたそうである。これは、「現実と思っているものが夢で、夜見る夢こそ本当の世界なのだ」という意味と思う。
だが、私は、江戸川乱歩が心からそう思っていたか疑わしい。そうであればいいのにという願望か、あるいは、それが真実であれば、早くそれを悟りたいという思いが、彼にそう書かせ続けたのではあるまいか?

夜、夢を見ている時、それが夢であることに気付き、「見破ったぞ」と思うことがある。
しかし、それは現実と思っている世界でもありうることなのだ。
夜の夢と現実で違いなどない。夢は短く、目覚めは長い。それだけの違いである。言ってみれば、両方共夢である。
現実と思っているものが、実は夢であるという手がかりは、時々ふっと現れることがある。感性を鋭くしていれば、より多くそれを発見できる。しかし、権威や制度に従っていれば、いつまでもそれに気付かない。そして、夢が死に至ったところでやっと気付くのである。ゲームオーバーというやつである。
この世が夢であることを見抜けば、何にも動じなくなる。そうなれば人生はショーのようなものだ。それがゲームだと思えば、そのゲームに上達し、その気になれば世界を動かすようにもなるだろう。


「まもちゃん!ちびうさが目を覚まさないの」
幼いちびうさを腕に抱えた月野うさぎが、恋人の地場衛に言った。
衛はちびうさを受け取ると、ベッドに寝かせ、
「こうして寝かせておこう」
と言う。
「目を覚ますかしら?」
心配するうさぎに、衛は、
「いいじゃないか、目覚めなくて」
と言う。さらに、
「ちびうさは幸せな夢を見ているんだ」
衛は明るく言う。
驚くうさぎ。うさぎが衛に、
「まもちゃん、あたしとちびうさのどっちが大事?」
と尋ねると、衛は
「決まってるじゃないか?俺が大事なのはうさこ(うさぎのこと)だけだ」
と言って、うさぎを両腕で抱く。しかし、うさごはその腕をすり抜けると、ちびうさを抱き上げる。そして、「まもちゃん」と衛に呼びかけると、衛は微笑んでうさぎを見る。
そして、うさぎは言った。
「まもちゃんは、夢の中でもハンサムだね」
衛の驚愕の表情。そして、衛も衛の部屋も消え去った。
~劇場版「美少女戦士セーラームーンSuperS ブラックドリームホールの奇跡」より~

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 幻視 | Main | 天使と幽霊との対話 »

Comments

あ~、すべてが幻なんて~、
あ~、このまま、一人で眠らせてよ~・・・。

エロい夢の続きは、ずっと見ていたい!!

Posted by: トーゴー | 2008.04.27 04:18 PM

どこぞの魔物は、やってきた男の完璧に好みのタイプの女に化け、媚態の限りで誘ってくるそうだ。で、誘惑に負けたら喰われる。
トーゴーさん、一発で食われそうだ!
人のこと言えんが・・・^^;

Posted by: Kay | 2008.04.27 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢と惑いがあざなえる世界で:

« 幻視 | Main | 天使と幽霊との対話 »