« 生ける死人 | Main | 世界を変える力 »

2008.03.02

生命力と子供の頃の憧れ

Ue

これが何かご存知であろうか?
昨年、生誕40周年を迎えたウルトラセブンが変身する時に使う「ウルトラ・アイ」である。
これは、2007年作品「ULTRASEVEN X」で使われたものの、忠実なレプリカである。

ところで、2006年に、初代仮面ライダーの精巧な変身ベルトが3万円もの価格で発売されている。
今や仮面ライダーといえば、小さなお子様はもちろんだが、その母親もメインターゲットで、ライダー役は彼女達好みのイケメン若手俳優と決まっており、彼らの写真数は販売好調であるらしい。
だが、35年以上も昔の初期の仮面ライダーは、純粋に男の子向きのアクションもので、当時この番組に夢中になっていた、いまや中年のお父さん方には、いまだ熱い思いがあるらしく、3万円もする初代仮面ライダーの変身ベルトの発売は、これらお父さんのためであった。お父さん達は、妻や子に内緒でローンを組んでこれをゲットし、秘密の隠し場所にしまってあるのをこっそり取り出しては眺めてニンマリするものらしい。可愛いものである(笑)。

それでいえば、ウルトラセブン派のお父さん方は、上のウルトラ・アイは如何であろうと思い紹介した。
「ULTRASEVEN X」のDVD Vol.1の初回限定生産品の「プレミアムエディション」に付いている。
仮面ライダーの変身ベルトが税込み31,500円(Amazonで27,980円)に比較すれば実にお安い(?)8,190円(Amazonで6,368円)である。※価格は本日現在。
あくまで2007年版であるが、初代のものよりデザインが洗練されており、色も深みのあるワイン・レッドである。
また、このDVDは、CGを駆使したかなりの映像作品で、なかなか面白い。メインの登場人物達に知的さが無いのは残念であるが、イケメン美男美女が多く、お父さん・お母さん方も楽しめるかもしれない。

さて、実はここからが本題だ(笑)。
このように、子供の頃に夢中になった記憶に、何らかの手段を使って情動的にアクセスすることは、生命エネルギーを復活させ、精神を活性化することに有意であることは、ある程度賛成いただけると思う。
これは、生命の根源に触れ合う精神によって作られるべき芸術にとっても非常に重要であり、世界的美術家の横尾忠則さんは、著書の中で、10代の頃などに夢中になったことは非常に重要なものであることをよく書いておられるようだ。横尾さんの場合は、ターザンや、中学生の時に読んだ冒険小説であったらしい。
我が敬愛する最高の思想家である吉本隆明さんの娘である作家のよしもとばななさんは、横尾さんとの対談本の中で、自分にとってはそれは「河童の三平」という、子供の時に見た特撮ドラマであったと述べている。

また、アニメや小説のようなものでなくても、昔解散した人気ロックバンドが臨時再結成などしたら、すっかり中年になった昔のファンが終結して盛り上がるのも、やはり生命力の枯渇したこれら中年の方が、エネルギー復活の衝動に駆られるからであると予想される。

子供の頃、あるいは、若い頃に夢中になったものは大事にしたいものである。
プロレスの桜庭和志さんは「タイガーマスク」で、K-1の角田信朗さんは「空手バカ一代」と思う。両方の原作の梶原一騎さんが、かなり問題のある人とは知られていない時代であったと思うが、原作者がどうであれ問題ない。多くの格闘選手に素晴らしいモチベーションとエネルギーを与えた。
私は・・・多分「みつばちマーヤの冒険」と思う(笑)。今でも、ナイフを持つと喜びが爛々と湧き上がるのは(危ないヤツ)、マーヤが剣を持っていると描写されていたからだ。ナイフ1本でエネルギーを引き出せるのであるからお手軽なものである(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 生ける死人 | Main | 世界を変える力 »

Comments

久々の参上^^
私は、ウルトラマンや仮面ライダーで育った世代です
今の仮面ライダーは、画像が綺麗すぎ内容もこっています
水戸黄門みたいにストーリが単純な方が面白味があるように思うのですが・・
時代の流れですかね

ウルトラ・アイにwで・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.03.04 at 12:03 AM

はじめまして

大変興味深く読ませていただきました。仰る事、すごくよく分かります。

僕も精神的に疲れたりしている時に、子供の頃に見ていた特撮やアニメのCDを引っ張り出してきて聞いています。
すると、不思議と元気が出てきたりしますから。(笑)

又、読ませていただきます。

Posted by: あっきゅん | 2008.03.04 at 11:56 AM

★ヒデピョ~ンさん

いまの仮面ライダーのような特撮やアニメは、大人を意識したものなのですね。
どのくらい子供の心に響くか、確かに疑問です。
真に子供向きの作品をお願いしたいですね。

Posted by: Kay | 2008.03.04 at 10:06 PM

★あっきゅんさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
子供の頃の感動は偉大だと思います。
今の子供も、良い思い出を作って欲しいですが、今のアニメは大人を強くしたものが多く、日常でも楽しいことが少ないのではと思ったりします。
私などはセーラー戦士で元気を・・・^^;
明日も元気です(笑)。

Posted by: Kay | 2008.03.04 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/40336113

Listed below are links to weblogs that reference 生命力と子供の頃の憧れ:

« 生ける死人 | Main | 世界を変える力 »