« 芸術家で食っていくのに必要なこと | Main | 人を超える »

2008.02.23

タイムマシン稼動す

たまには小難しい話はやめて(笑)、個人的日記といこう。
「灼眼のシャナII(セカンド)」DVDのII巻、Amazonより到着。
ジャケット画は、原作小説の挿絵画家のいとうのいぢさんの描き下ろしである。これが、超売れっ子イラストレーターの絵である。左が主人公のシャナ、右が、この時点で謎の少女、近衛史菜である。この近衛史菜の愛らしさは奇跡と言って良いであろう(笑)。

S2_2

さて、私はタイムマシンを所有している。
誰でも、平面上は気楽に動けるであろう。これはX-Y座標で表すことができる。上下にも多少は移動できると思うが、これがZ座標である。
ここにさらに、目には見えないT座標を加えて、その座標を移動する。このT座標が時間である。これがタイムマシンの原理だ(単純過ぎるぞ!)。
1968年に、このDVDと、これを再生するパソコンを持ち込んだ。当時の電源でも大丈夫と思うが、問題なかった。
尚、私は関西在住なので、コンセントは60Hzの交流であるが、行った先は関東なので50Hzからの変換コンバータを用意した。尚、この関東、関西の周波数の違いは明治時代からである。21世紀になってもそのままとは、なんとも感慨深い。国内で周波数が統一されていない国も珍しい。
※誤解のないように言うと、パソコン自体は周波数変換機は必要ない。一緒に持っていった電子レンジのための装備であった(笑)。
漫画家、アニメ制作関係者に、このDVDを披露した。
まず、絵の緻密さ、色使いの細やかさによるリアルさに驚かれた。人物はさほどではないが、風景や建築物、家具などの質感は驚愕ものであるらしい。
音楽の高度さにも驚いていた。声優さんの演技も随分変わったという感想を聞いた。
そして、映画や大人のドラマ並みのストーリーには、やや戸惑いを感じたようだ。
ところで、この作品には沢山の高校生が登場し、学校生活や家庭生活が描かれているが、21世紀になっても、ほとんど変化がないことが意外であるようだ。相変わらずのセーラー服と学生服。教室の雰囲気も、さして違った様子はない。
そして、恋愛に悩む少女達は、むしろ1960年代より純情ではないかという感想である。
ただ、髪の色が、黒、茶、青とあるのはさすが21世紀と言われたが、「いえ、それは単にアニメ上の表現でして・・・」と説明するのに苦労した(笑)。
DVDとパソコンにはさすがに驚いたらしい。そして、1960年代のアニメ作品もDVD化され、見られていることに、当時の制作者達は感動しておられた。
また行こう。
尚、上記はフィクションであります・・・ということにしておく(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 芸術家で食っていくのに必要なこと | Main | 人を超える »

Comments

kayさんの趣味が何となく理解できたような・・(笑い
私にも思い出深いアニメあります
未来少年コナンなどは、小学生時代に良く見てました
たしかNHKだった様な・・
そういう意味では、私もアニメで育った世代です

今夜もwで・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.02.24 01:33 AM

はい、こんな趣味です(笑)。
コナン・・・ラナたん(笑)。
はい、NHKです。NHKのスケベ!(?)

Posted by: Kay | 2008.02.24 10:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイムマシン稼動す:

« 芸術家で食っていくのに必要なこと | Main | 人を超える »