« 理想的な画家の生活とは | Main | ザ・社長 »

2008.02.01

夜9時に寝る生活に憧れる

2004年に亡くなられた元東大教授、同名誉教授で、科学雑誌「Newton」の初代編集長の竹内均さんという理学博士の方がいた。
第一級の地球物理学者であるが、科学啓蒙家としても力を尽くした。高校生用の物理学の学習書は非常に評判が良かった。東大を定年退職してからは「Newton」誌を創刊し、一般の人に科学を分かりやすく教えた。
ところで、私は以前、竹内さんの本を読んで印象的だったのは、その徹底した生真面目さだ。朝6時に起き、毎日同じ早い時間に大学に入り、決まった時間に昼食を取り、決まった時間に帰る。それをずっと続けた。学生デモが研究室を占拠に来た時、既に竹内さんは出勤しており、学生達に「来るのが遅い。どうせやるなら真面目にやれ」と説教したらしい。
真面目は実は良いものだと思った。
ところで、竹内さん、就寝時刻は午後9時と決まっていた。当然、夜の付き合いは一切しない。

話は変わるが、1967年に始まったアニメ「サイボーグ009」で、夜9時30分の場面があるのだが、ヒーローの009ことジョーは既にベッドで眠っていた。特に疲れていたのではなく、その時間はもう眠っているのが習慣のようだった。
当時は、子供は夜の8時か、遅くとも9時に寝るものであり、ジョーは率先してそのお手本になっていたのだと思う(ジョー自身は18歳らしい)。これでは一緒に住んでいる16歳のフランス人の美少女フランソワーズ(003)に手を出しているヒマもないだろうが、当時の健全なアニメでは、そんな気配自体が全くない。(フランソワと住んでいると言っても2人きりではなく、ギルモア博士や006、007も一緒に大きな研究所を兼ねる邸宅に住んでいた)。

実は、私は夜9時に就寝できる生活に憧れている。
今は、帰宅そのものが9時を過ぎ、特に最近は10時を過ぎる。いくらがんばっても0時に寝るのがせいぜいである。優雅なお金持ちになり、夜の9時から心静かに眠りたいものである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 理想的な画家の生活とは | Main | ザ・社長 »

Comments

こんばんは、・・^^
kayさんはそんなに規則正しい生活をされてるとは思いませんでしたよ
私なんて就寝0時過ぎは、当たり前
夕食が遅いときは、9時過ぎです
超不健康な生活だと思います^^;
時間は、いくら有っても足りない感じですかねぇ~
今夜は、今からアップです
とりあえずWでポイッと・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.02.02 09:09 PM

私は現在、午前1時就寝、6時前起床という「規則正しい」生活です(笑)。
慢性寝不足で、いろんなところで寝てます^^;

Posted by: Kay | 2008.02.02 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夜9時に寝る生活に憧れる:

« 理想的な画家の生活とは | Main | ザ・社長 »