« ポーカーフェイス | Main | お金持ちになる条件 »

2008.01.22

SFの悪影響

SF小説に科学的考察がどのくらいあるかというと、あくまで著者次第と言える。
科学者として通用すると言われるくらいであったH.G.ウェルズや実際に科学者でもあったアイザック・アシモフらは、SFであるのだから当然空想の部分もあるにせよ、明らかに科学と矛盾すると思われる記述は、少なくとも当時においてはあまりなかったと思う。
ただ、SF作家には、実際には科学に弱いと自認する者もおり、電気機器に乾電池を入れる際に、妻に「これはどっち向けに入れるんだ?」と尋ねるのだと自嘲気味に書いていた作家もいた。
SF作家ではないが、あのアインシュタインも、エレベーター操作を妻にやらせていたが、その理由は「私は難しいことは一切苦手」だからだそうだ(笑)。

そのSFであるが、子供が見るものの場合、その科学性や合理性には配慮をするべきではないかと思う。子供はいかに不合理でも、見たものを信じてしまうことがあり、しかもその影響が長く残ることがある。その影響は、神秘的なものより、むしろ一見科学的なものの方が問題が大きいかもしれない。
例えば、シュワルツェネッガーのターミネーターシリーズでは、第2作から液体ロボットが登場する。これは、あらゆる形態、色に外形を変えることができ、人間形態を取るなら、あらゆる姿の男性や女性の姿になれる。また、手を剣の形にし、実際に硬度を上げて殺傷を行うこともできる。床に偽装するということも行われた。
ただ、この映画では、ジョンがシュワちゃん演ずる機械型ターミネーター(T-101型)に「(液体ロボットT-1000型は)何にでも化けられるの?タバコの箱とかピストルとか?」と尋ねると、T-101は「大きさがある程度同じでないと無理。また、離れる部品のあるものも出来ない」と答え、液体ロボットの能力にも制限があるとした。
液体ロボット自体の実現可能性も、現時点ではほとんどないが、液体ロボットが持つ不可思議な能力は「化ける」ということだけであり(厳密に言うなら、不可思議だらけではあるが)、しかも、大きさの問題には制限を加えているので、子供も不合理な部分は限定的に捉えてくれ、思考能力に悪い影響は与えないと思う(むしろ、想像力を高めてくれるかもしれない)。
ところが、「サイボーグ009」というアニメで、この液体ロボットのような能力を持つ007というサイボーグがいるが、これが実に問題である。
1966年版のアニメでは(他に1979年版と2001年版がある)、オープニング(主題歌)の部分で、007が下半身をロケットに変身させて空を飛ぶ様子が出てくる。これは実際に、第1話で、敵の空飛ぶ円盤を追いかけるために、007が行ったことである。しかし、変身能力とロケットの機能とは全く別である。また、この第1話の中で、007は身体を巨大化させる変身も行った。これらは絶対にいけない。仮に大きくなれても、重さは変わらないはずであり、強度もひどく下がるはずが、そんな様子はなかった。製作者の配慮の足りなさに問題があると思う。実際に、このアニメを見て、矛盾に悩んだ子供がいるが、むしろ、矛盾を感じない子供の方が問題かもしれない。
まあ、1960年代のことだからという意見もあるかもしれないが、実に2001年版の「サイボーグ009」でも、007は巨大化しているのである。

大槻教授ではないが、オカルトなどを信じてしまうのには科学的思考が足りないということも言えるが、逆にオカルトを信じることで科学的な思考能力を失くすこともある。上記の「サイボーグ009」のようなものは、子供(大人も無関係ではないが)の思考方法に悪い影響を与え、非科学的で不合理なものを信じてしまう原因になっている可能性もある。
血液型性格診断や占いがなぜか人気があるのも関係がないとも思えない。
空想の世界、遊びの世界のことであっても、配慮や知性ある善意は必要である。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ポーカーフェイス | Main | お金持ちになる条件 »

Comments

鋭い突っ込みですね!
人によって物の見方が違うことは、実感してますがkayさんの場合は、私と見る角度が可なり違うので尚、楽しく拝見しております^^
今後も鋭い見解を・・

今夜のセミナーにWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.01.23 at 12:35 AM

どうでしょうねえ。
細木さんや江原さんといった、占いや霊能力とかで売ってる連中の言うことの馬鹿さ加減なら、全然鋭くなくても、ごく普通に「アホな・・・」って思います。
夢があるというのと、変なヤツに儲けさせるのとは別のことですからね。

Posted by: Kay | 2008.01.23 at 09:46 PM

はじめまして、トーコといいます。

猫ちゃんたちのお姿に惹かれて、通りすがりました(笑)

壮観なご様子、広いお心とお言葉に、たいへん驚愕しております。(←良い意味ですよ。おほほ)

たまに、”なごみ”に寄せてください。ありがとうございました。

Posted by: 空見ろトーコ | 2008.01.25 at 11:54 AM

★トーコさん
はじめまして。
ねこ、ネコ、猫、ネコンネル(なんだ)
え・・・と、ひょっとして、投稿先を間違えておられるとか・・・。
別にそれでも構いませんが、よかったらランキングバナーのクリックを・・・いえ、なんでもありません^^;

Posted by: Kay | 2008.01.25 at 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/17725027

Listed below are links to weblogs that reference SFの悪影響:

« ポーカーフェイス | Main | お金持ちになる条件 »