« 汝、邪な目でミニスカートの脚を見るべからず? | Main | 夜9時に寝る生活に憧れる »

2008.01.31

理想的な画家の生活とは

知人に画家がいるという人はさほど多くはないと思う。それほど、画家で身を立てるというのは難しいということと思う。
私の知人には、食えているだけでなく、そこそこの家に住み、いい車に乗っている画家もいる。

しかし、子供の頃、画家や小説家になりたいなんて作文に書いた人は多いと思う。私は決して書かなかったが(笑)。
では、理想的な画家の暮らしとはどんなものであろう?
好きなものを好きなように描けば、画廊、コレクターが先を争って買いに来る。よって、絵の価格は上がり、高収入になり、豪邸で贅沢な暮らし。さらに、時々、豪華な旅行を楽しんで英気を養い、また好きな絵を描く。
もし、本当にそんなことになったら悲劇であろう。
それはまるで、子供が、理想的な暮らしとは、ピザもハンバーガーもチョコもアイスも食べ放題。勉強も、家のお手伝いもなしで自分の好きなことだけやれば良く、アニメ見放題、ロック聴き放題と思うようなものである。そんな生活が続けば、生きるのも嫌になるに違いない。
あるいは、サッカーの試合に参加していて、自分がボールを得れば、敵チームの誰もボールを奪いに来ず、悠々と敵ゴールに迫り、シュートをすれば、キーパーはそれを止めないような試合が楽しくないのと同じだ。
敵デフェンダーに電光石火でボールを奪われ、時には脚を引っ掛けられて転倒させられ、怪我をすることもある。シュートは敵キーパーの鉄壁の防御でなかなか決まらない。それでこそ楽しいのである。

別に画家に限らないが、うまくいかないことを楽しむことだ。
苦難や苦労は、実は楽しむためにこそある。それがないなら、そもそも人生に意味はないに違いない。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 汝、邪な目でミニスカートの脚を見るべからず? | Main | 夜9時に寝る生活に憧れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 理想的な画家の生活とは:

« 汝、邪な目でミニスカートの脚を見るべからず? | Main | 夜9時に寝る生活に憧れる »