« サウンド・オブ・ミュージック | Main | 画家と彫刻 »

2008.01.06

自分らしさ

いかなる優れた教えも、究極的には「自分らしくあれ」「自分の本性に従え」と言っていると思う。
ただ、もちろん、自分の欲望や、自尊心に忠実であれという意味ではない。
しかし、多くの人が目にする詩や小説では、自分らしくあれと何度も何度も繰り返し語られながら、それはなんと控えめであることか。
だから、これほど重要なことを、我々はあまり真面目に考えない。
ただ、国家がそれを考えさせないというところも大きいのだ。
学校では、決して自分らしくあることを奨励されない。自分でないものにさせられてしまう。
大企業の方策もそうである。国民が自分らしくあるようになれば、自社の製品やサービスが笑いが止まらないほど売れるということは絶対になくなる。
国家や大企業にとって、自分らしく生きる国民が多くいることはなんとも都合の悪いことなのだ。
だが、自分らしさを取り戻さないと、自分がいかに偉大な存在であるか知らずに過ごし、不満と自信喪失の中で一生を生きねばならない。
今一度、自分らしさについて、真面目に考えてみることである。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« サウンド・オブ・ミュージック | Main | 画家と彫刻 »

Comments

私自分を再度取り戻すために悪魔の反論術という本を購入しました!
私の悪魔の部分を再度磨きなおそうと思います!
^^
ちみに私のロシア名は、ジュクジョスキーでお願いします(笑い

それでは、今日もWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.01.07 03:41 PM

これはこれは、ジュクジョスキー・エロエロビッチさん。ワカイコスキー・チョイワルチェンコです(笑)。
ちょっと違うかもしれませんが、私も詭弁術の本はよく読んだおぼえがあります。
やはり最後はハートですね。。。

Posted by: Kay | 2008.01.07 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自分らしさ:

« サウンド・オブ・ミュージック | Main | 画家と彫刻 »