« 「フランダースの犬」考 | Main | 精霊の与える言葉 »

2008.01.12

自殺するなら、引きこもれ

本田透氏、堀田純司氏共著の「自殺するなら、引きこもれ」(光文社新書)という本が出版されている。
まるで私のブログを読んで書かれているような内容である(笑)。まあ、実際はそんなことはないだろうが、私の考え方に近いことは確かだ。
その主張は、「いじめにあったら学校をやめてしまえ。そして引きこもれ」である。
これは全く正しいし、他に道はないとすら言える。
この本にも、「教師に解決できないいじめの問題を生徒個人が解決できるはずがない。それなのに、被害者の子供達は逃げることもできずに、遂には自殺するという悲惨なことになるのだ」と書かれているが全くその通りだ。
教師がいじめの問題を解決するどころか、教師にも教育委員会にもそんな意思は全く無いのは、子供が自殺してすらいじめの事実の隠蔽に必死になる学校の体質を見れば明らかである。
この本の著者2人も、高校を中退して引きこもった経験があるが、それは「絶対に良かった」と言い切る。

もう1冊、参考になる本を紹介する。
「誰が子どもを狙うのか」(北芝 健、テレンス・リー著、東邦出版)だ。
著者らは、元刑事、元米国傭兵(やとわれ兵)・ボディーガードで、人間の危なさを知り尽くしている。
子供が被害者になった犯罪例を取上げ、その防御策を語るが、このように経験豊富な著者の主張はまともなものばかりだ。
その中で、いまやありふれている変態教師、ロリコン教師に運悪く当たったら、学校をやめることが極めて合理的な対策とされる(この本では転校を薦めている)。
全く正しい。他に子供を守る方法はない。教師が子供を守るなんてのは幻想であり、その教師が加害者であるのだから、子供やその親に対応させるなど、テロ国家の拉致問題に当事者だけで立ち向かえと言うのと同じである。

そして、「自殺するなら、引きこもれ」では、いまや学校に行く必要がないことを説明するというか、バラしてしまっている。
当然の話である。学校は、馬鹿になるために行くのである。自己の本性を歪め、偏見を押し付けられ、国家と大企業にとって都合の良い人間を生産する場でしかない現在の学校に意味はない。(参考書籍として、米国最高クラスの教師によって書かれた「バカをつくる学校<成甲書房>」がある)。
ただ、我が敬愛する日本最高の思想家である吉本隆明氏は、人間社会全般が不条理なものであり、学校と付き合うことで、それらに対処する知恵や強さを身に付けることを薦めている。いずれにせよ、学校や教師とはロクでもないものであるという認識は一致している。そして、学校に付き合えとは言うが、それには当然限度があると言っておられる。
生きる意欲を失くすほどいじめられたり、教師に猥褻行為を受け、心身に深い傷を負うまで付き合う必要は絶対ない(ズバリ、レイプの報告も、昔から一般的な教育関連書に数多いが、一向改善はなく、むしろ増大が予想される。セクハラの数はもはや悲惨の域を超え、なぜ子供を学校にやるのか、まともな知性では理解しかねる)。
私は身体自体は学校に運んだが、授業を積極的に聞いたことは一度も無く、特に中学2年からは授業を断固として無視した。しかし、何の問題もなく、むしろ素晴らしい結果となった。その中で、遅くとも13歳までに独学の方法を身に付けることが必須であり、それができれば、学ぶのに困ることは全くないことも理解した。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「フランダースの犬」考 | Main | 精霊の与える言葉 »

Comments

カワイコスキー・チョイワルビッチさんもしかして天才では、・・・

我が家の息子に爪の垢でも飲ませたいくらいです^^;
私は、放任主義なので息子が自分のやるべき事に気づく時を待っています
パーフェクトは、必要有りません
一つ他人に負けない自慢できる特技が有ればいいと思っています
でも・・今度爪の垢を送って下さい^^;

今夜のセミナーにWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2008.01.14 02:31 AM

はい、私は天才です!(笑)
まあ、自分らしくあれば、全ての人は天才です。
自然のまま、あるがままですね。

Posted by: Kay | 2008.01.14 08:11 PM

学校で傷跡をおっても、引きこもればよい。
私も自殺するよりひきこもることで、救われた人間の一人だと思う。
30歳になって引きこもりから脱出して就職活動開始。
人と関わらずにお金を稼げなければ、生きる糧を得るためになんらなかの形で人と接しあわざるを得なくなる。
このことを受け入れ、就職活動をするようになったのも引きこもることで精神的に成長したからだとおもう。

Posted by: Y | 2008.01.15 11:03 PM

★Yさん

引きこもることが精神的に成長する大きな機会となることは絶対に間違いないと思います。
これに関しては、近くまた、「引きこもりの魔術」として、書こうと思います。
就職活動、あまりあせらずがんばって下さい。

Posted by: Kay | 2008.01.16 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自殺するなら、引きこもれ:

« 「フランダースの犬」考 | Main | 精霊の与える言葉 »