« 商品としての絵画 | Main | 電脳ロマン »

2007.12.03

富なんて必要か?

「富を得る秘法」なんて本がよくある。間違いなく全部デタラメな本だが、なぜ富なんて必要なのだろう?
年収百数十万なんて人間をワーキングプアとか言い、実際、厳しい生活らしい。しかし、年収百数十万ってことは、月に十万は稼いでいるのだ。まともに独力で月十万稼ぐなんて本当は大変なことだ。彼らはある意味、まともなのだ。
しかし、日本では、沢山税金を収め、無駄な消費をダラダラし、車も適当に新しいのに買い換える人間しか大事にされないのだ。それが経済大国である。
だけど、働くのに向いてない人間って、確かにいると思う。かといって、宗教者になるということは、自分の信念を捨てて権威にひれ伏すことである。それに今は宗教も営業の時代である。なら教祖にでもなるかな。経済主義に疲れると、時たまこんなことを考えたりする(笑)。

|

« 商品としての絵画 | Main | 電脳ロマン »

Comments

善いかもしれませんよ
私信者に為りますよ(笑
教祖には、独創性・カリスマ性そして、スケベが必要ですからお似合いだと思いますよ(笑

今夜のセミナーにWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.12.04 12:48 AM

教祖にスケベさ・・・必要っスか?(笑)
そんな教祖は、みんな正しくブタ箱行きになってますが。あ・・・私の未来の姿か・・・^^;

Posted by: Kay | 2007.12.04 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富なんて必要か?:

« 商品としての絵画 | Main | 電脳ロマン »