« プロトタイプの威力 | Main | 遷移の神秘 »

2007.12.27

モテる辛さ?

私は、百貨店などに買い物に行くときは、よく空いた時間を狙う。ガラガラの駐車場にぽつんと車を止めて買い物をする。
ところが、駐車場に帰ってくると、いくらでも空いているのに、私の車の横に別の車が止めてあることがよくある。
喫茶店も空いたのが好きなのだが、他にいくらでも席が空いているのに、私の隣の席に着く人が多い。
毎朝、ガラガラの電車で通勤しているのだが、これもなぜか私の近くの席に人が集まる。
これらは、昔から不思議だと思っていた。

北杜夫さんの小説「怪盗ジバコ」で、こんなことが書かれていた。観光地の砂漠に生えた木は枯れてしまうそうだ。水が無いわけではなく、十分に地中から水を根で取り入れることができるのにである。その訳は、観光客が、その木に向かって立小便をするからだとか。
北杜夫さんは断言する。自分はそんなことはないと思っていても、何もない砂漠で用を足す時、木を見つければ必ずそれに向かってするのだと(笑)。

人はがらんとした空間を恐れ、何かに、誰かにくっつきたがるものであるらしい。

また、私は歩いている時、後ろから必死で追いすがられることがよくある。別においはぎではない(笑)。
私は普通に歩けば、常人は決してついてこれないが、のんびり歩けば、常人の1.5~2倍程度の早さなので、目標にしたがるのかもしれない。私に離されていくことに本能的な不安を感じるのだと思う。
ある時も、バタバタと下品な足音をたてて後ろからおいすがってくる者がいた。私はそのままゆっくり歩き、追いつかれようとした時、ぴたっと止まって少し脇に寄った。60過ぎくらいの年配の男性であった。何か息も切らしている^^; そして、止まった私を追い越す時、ずでーんとはでに転んだ。
愚かである。

上にあげたように、群れたがる本能から人にくっつきたがる者は決して世の中で成功しない。哀れな人間なのである。
ただ、私には人を引き寄せるオーラがあるのも確かである。何といってもこの美しさだ(笑)。
今日も、帰路の電車の中で、隣の席の若い美女が、しばらくすると、私にすっかりもたれかかって寝ていた(笑)。得をした。彼女がね(笑)。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« プロトタイプの威力 | Main | 遷移の神秘 »

Comments

ほぉ~kayさんは、美少年にたいですねぇ~
人を引き寄せるオーラがあるとは、流石です!
私もなかなかの美少年ですよ
自己満足ですが^^;

今夜のセミナーにWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.12.28 01:56 AM

忘れてました^^;

1位返り咲きおめでとうございます
ネイチャーボーイを抑えましたね!
今後も応援してますよ

最近、私は、下品な話題に走っています
でもそろそろ方向転換かなぁ^^;

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.12.28 02:01 AM

美少年・・・自分で言うくらいタダです。お互い・・・^^;
瞬間的、2つのポータルで首位です。
私もエロ下品(いいとこ無いじゃん)でいきます。

Posted by: Kay | 2007.12.28 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モテる辛さ?:

« プロトタイプの威力 | Main | 遷移の神秘 »