« 世にも奇妙な祭日「クリスマス」 | Main | 栄光ある帰還 »

2007.12.11

罪な名画

野外ミュージカルの傑作映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」(ノーマン・ジュイスン監督版 1973年)で、イスカリオトのユダがイエスを「しなびたマンダリン(オレンジ)」だと歌う場面がある。ユダはイエスを散々なじり、イエスはユダにGet out(出て行け)と言う。ユダは一瞬、イエスを抱くが、そこを飛び出す。それを見送るイエスの表情が苦悶に染まる。良い場面である。

だが・・・
この時代のイスラエルにオレンジがあるはずがないのだ。
しかし、レオナルド・ダ・ヴィンチの世界的傑作「最後の晩餐」でも、テーブルの上にオレンジ、もしくはレモンが認められるらしい。
オレンジもレモンも原産はインドで、これらがヨーロッパに伝わるのは12~14世紀と言われる。
「ジーザス・クライスト・スーパースター」も、この「最後の晩餐」を参考にしたのかもしれない。罪な名画であるし、天才レオナルドにも間違いはあるということかもしれない。
尚、「最後の晩餐」でのオレンジ(もしくはレモン)の役割は、そこにある魚料理にその果汁をかけるというもので、現在でもよく行われている。しなびたオレンジはその用を満たさない。よって、ユダはイエスに「役立たず」と言ったのかもしれない。

↓よろしければいずれか(できれば両方)クリック願います。人気投票です。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 世にも奇妙な祭日「クリスマス」 | Main | 栄光ある帰還 »

Comments

流石観察力のあるkayさんですね
恐れ入りました!
kayさんなら最後の晩餐に何を食べますかな!?
私は、女を食い(抱き)子孫を残しますよ
本能です!
極致に立たされたら性欲が湧くと思いますがkayさんの見解は、・・・

今夜のセミナーにWで・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.12.12 at 12:01 AM

最後の晩餐といいますか、いわゆる、明日地球が爆発するという時、何をするかですね。
とりあえず、本の続きを読むかなあ(笑)。
あるお話で、明日消滅するという女の子は、食事の後片付けしてましたね(笑)。
ちなみに、私はすでに死んでいます(をを)。

Posted by: Kay | 2007.12.12 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/17339424

Listed below are links to weblogs that reference 罪な名画:

« 世にも奇妙な祭日「クリスマス」 | Main | 栄光ある帰還 »