« 小説家の条件 | Main | 死を明確に知る »

2007.11.21

絶対者として生きる

我が師ニサルガダッタ・マハラジに尋ねた。
「どうすれば、自分が絶対者であると知ることができますか?」
師は答えた。
「絶対者としての感覚を得たいなら、絶対者として振舞え。必要な体験を得るであろう」

さて、絶対者として振舞うとはどういうことであろうか?
まず、絶対者とは、身体と心を超え、時間と空間を超える者だ。
身体を超えるとは、身体に執着しないことだ。
心を超えるとは、心に振り回されないことだ。
時間を超えるとは、生まれて死ぬ者であると信じないことだ。
空間を超えるとは、自分が世界の中にあるのではなく、自分の中に世界があると知ることだ。

そのように振舞えば良い・・・って言われてもなあ^^;;
このような場合は、モデルを探すのが一番だ。
求めよ、そうすれば得られるであろう・・・なんてね(笑)。

で、モデルを見つけた。
少し前まで、高校1年生だった平凡な少年だ。
数ヶ月振りに生まれ育った町に戻った少年。
思い出の場所を歩き巡る。
初めてあの純情な少女とデートしたデパート。
友人達と泊り込みで試験勉強した、友人の豪華で大きな邸宅。
高校の学園祭で、仮装して歩いた通り。
そして、1年も通わなかった高校。
生まれ育った家には行かなかったが、両親のことを思い出す。
それらを見て思い出が蘇る度、懐かしく、物悲しく、気恥ずかしい。彼の感情作用は全く普通の少年だ。

そして、少年は尖塔の上に立っていた。
目の前に懐かしい長い黒髪の凛とした美しい少女(外見は11~12歳)。
ここにいた時の自分は、彼女をただ仰ぎ見るだけだった。彼女は凄過ぎた。あまりの力の差に苦しさを感じたことが何度もあった。自分は彼女の何の助けにもならなかったからだ。しかし、自分を指先1本で殺せるような相手を彼女は次々に打ち破った。
少女は、少年を不器用ながら強く愛していた。少年もまた、彼女に強く惹かれていたのは確かだが、父親に似て(母親評)鈍感だった。
そして今。彼女だけではない。少年の後方左右には、彼女と同じ、異能の力を持つ2人の西洋人の大人の女性。少年は3点に包囲されていた。
開戦。

・・・
いえ、電撃文庫の「灼眼のシャナ」の16巻なんですけどね(笑)。
私は、この少年、坂井悠二に理想像を見ました(笑笑)。
今日から私は「祭礼の蛇」坂井悠二だ(笑笑笑)。

みなさんも、何か理想像を見つけると良いかもしれませんよ。
もちろん、ある時期を越えれば、それも不要になりますけどね。

↓絶対者なりきりのKayにいずれか(できれば両方^^;)クリック願います。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 小説家の条件 | Main | 死を明確に知る »

Comments

その人の様に為りたいのなら身近にいたほうが善い
という事は、以前も言いましたが・・
そして、それがkayさんだという事も!
最近、ランキングで離れセンチになっています^^;

自分を変えることは、必ず出来ると思いますよ
心掛け次第で・・
・・の様になりたいと強く思い行動に移すなら
自分を変えようと思ったらまず外見からすると心が変わってくる
整形手術などは、善い例だと思いますが・・

いろんな意味で進化し続けたいヒデピョ~ン。。であります
(^^)

今夜のセミナーにWでポイッと・・

Posted by: | 2007.11.22 01:33 AM

ランキング、10位以内に復活してきましたね。
しかし、もう1つのランキングの1位の60歳のネイチャーボーイ殿は、なかなかしぶといですね^^;
自分を変えようとか、あの様になりたいとかではなく、ただ、あの様に振舞うことが楽しいというだけでして。さあ、明日は休みだ・・・

Posted by: Kay | 2007.11.22 11:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 絶対者として生きる:

« 小説家の条件 | Main | 死を明確に知る »