« 新たな目 | Main | 信じられないことだけ信じる »

2007.11.25

ひきこもりだった天使

天使にまつわる、こんな話を読んだことがある。
昔、フランスに大変な美少女がいたが、男の好奇の目に耐え切れず、修道院に入る。そこで一生、静かに過ごすつもりでいた。
しかし、たまたま少女が修道院の門の近くにいた時に、ある男が彼女の姿を見て、その美しさに彼女を忘れられなくなる。そして男は夜に修道院に忍び込み、少女が一人でいるのを見つけ、レイプしてしまう。悲観と絶望の中、少女は自殺する。その知らせを聞いた男もまた、罪悪感に耐え切れず自殺する。
少女は、自殺とはいえ、ある程度の修行をしていたので、天使と共に修行することを許される。ある時、少女は天使に尋ねられる。
「あなたは結婚していたのですか?」
「いいえ」
「でも肉を犯されたことがあるのですね」
「はい」
「では修行なさい。立派な天使になれます」
さらに時が経った時、少女はまた尋ねられる。
「あなたは結婚していましたか?」
「はい」
「あなたの夫を救いなさい」
少女をレイプした男の霊は、いまだ地上をさ迷っていたのだった。
少女は、男の霊を導き、あの世に送る。そして、少女は立派な天使になったのだった。
~「ローム大霊講話集」(霞ヶ関書房)より。ただし、Kayの記憶による引用~

ところで、パスカルの「パンセ」に、「人は天使でも獣でもないが、天使の真似をしようとすると獣になる」とある。ふむ、面白い・・・。

20071125
ラクガキ。天使というよりは小鳥のイメージで描きました。
クリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

↓星は天使が流した涙と思う私にいずれか(できれば両方^^;)クリック願います。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 新たな目 | Main | 信じられないことだけ信じる »

Comments

やっと出ましたね裸に乳首(笑
私のエントリーでは、いい感じですが・・
今度は、Dカップ位でお願いします^^;
個人的に好きなサイズ
垂れないし揉める!

今夜の天使の驚きにWでポイポイ

Posted by: | 2007.11.25 11:40 PM

またまた入力ミス(><)
最近、農繁期で疲れているのかもしれません^^;
すんまそ~ん!

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.11.25 11:45 PM

彼女はCカップを主張しておりますが(いるんだよね~、そーゆータイプ^^;)

大きくても小さくても、こだわりなく愛でるのがナイス・ガイでございます(笑)。
寄せて上げれば平和が来ます・・・

Posted by: Kay | 2007.11.26 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひきこもりだった天使:

« 新たな目 | Main | 信じられないことだけ信じる »