« 忙しくてブログが書けない? | Main | ひきこもりに対する偏見について »

2007.11.15

ひきこもりは天才を超える

ロボットが心を持つことがあると思われるだろうか?
アニメに登場するロボットはみんな情緒豊かだし、シュワちゃん演じるターミネーターもハートを感じさせてくれた。
少し昔であれば、真面目に考えれば、ロボットが心を持つことは絶対ないとする意見が圧倒的だったと思う。
しかし、今はそうでもない。
機械が心を持てるかどうかは、心の在りかと見られる脳を研究し、意識発生の仕組みが分れば、それを機械で真似できるかどうかを考えれば良いことになる。しかし、これはまだ解明されていない。
医学分野以外の研究者も、心の問題に積極的に取り組むことがある。
世界的物理学者ロジャー・ペンローズもその一人で、彼の量子脳理論は一部では有名だ。
しかし、ペンローズは大天才であるのだが、一般にはスティーブン・ホーキングほど有名ではない。
ホーキングが有名な理由は、難病と戦いながら優れた研究を行っているという圧倒的インパクトがあるのと、一般向けの非常に分りやすい本を書いていることが大きいと思う。
ペンローズだって一般向けの本(先に述べた量子脳理論関係)を沢山書いているのだが、一般向けとは言っても、とても普通の人に読めるようなものではない。「脳のマイクロチューブルで波動関数が収縮して意識が発生する」なんて言われても困るであろう。
ホーキングの本が程よい難易度であるのとはエラい違いである。
ペンローズは、ほぼ、機械およびコンピュータは意識を持てないとしている。
一方、ロボット工学の研究者である前野隆司氏は、心を人工的に作ることは割に簡単なことに違いないとしている(彼は著書で、ペンローズ理論を軽く切っていた)。もっとも、前野氏によると、人間の心自体がさほどのものではないとされる。

ではちょっと方向を変えて、犬や猫に心があるかと言われたらどうであろう。
犬好き、猫好きの方々は、それがあると強く意識していると思う。
だが、少し前に登場した犬型ロボットなどもまた、実際に感情があるのではないかと思わせるものであるらしい。
ルネ・デカルトは、動物に心はないとし、技術さえあれば、本物と見分けの付かない機械の動物を作ることが可能であると言った。
また、フロイトも動物に心はないとする。人間は本能が壊れているので、その代替物として心ができたという考えである。本能だけで生きられる動物が、心を持つ必要はないというわけだ。

さて、上記にあげた方々は優秀であるが、ここに彼らに優る者がいる(をを!)。
新約聖書で、イエスはソロモンやヨナの偉大さを讃えながらも、「ここにソロモンに優る者がいる」と自分を売り込んでいたが、それに倣おう(笑)。

では聞くが、あなた以外の人間に、心や意識が本当にあると思われるのであろうか?
「それは当然」と言われるだろうか?
しかし、そんなことは絶対に確認しようがないのである。
あなたに、「愛しているよ!ボクはもう我慢できない!エッチしよう!!」と言ってくる彼は、単にそう言って動作するようプログラムされた自動人形ではないのか?(笑)
私のようなひきこもりは、感覚や洞察力が並の人間ではないので、他人に心がないことなどすぐに見破れるのである。
「アホな・・・」と言わずに、冷静に人を見て欲しい。あのうつろな目。固定した反応。薄情な言動。彼らが機械人形であることは明白と思う。
を・・・救急車が来たか(う~う~う~)。
では、精神病院に入る前にもう少し言っておく(笑)。
世界の中、宇宙の中で意識を持つのはあなただけなのだ。その他の者は、意識を持っているように見えるだけで、仕組まれた通りに動いているだけだ。
では、彼らがそのように動くよう仕組んだのは誰であろう?
あなた以外にいるはずがない。
自分以外には誰も意識を持ってはいない。だが、彼らだってプログラムに従って反応するので、プログラムとその反応によってはあなたを殺すことすら有りえる。
彼らのプログラムを把握し、賢く接すれば良い。そのプログラムは幻想であり、決して合理的であるわけではないことに注意して欲しい。
場合によってはプログラムし直すのも良いであろう。
どうやって?
あなた自身が心を消滅させることによってだ。宇宙の仕組みは複雑で精妙だ。しかし、やってみれば分かることである。

↓実はロボットかもしれない私のブログにいずれか(できれば両方^^;)クリック願います。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 忙しくてブログが書けない? | Main | ひきこもりに対する偏見について »

Comments

流石kayさんロボットだけに機械の心が読めますね
私は、単純に繁殖をプログラムされたロボットかも(笑
私も冷静に人の心を読めるほうだがkayさんとは、育ち性格が全く違うようです
その様な二人がお互い心を読みながら会話すればどうなるんでしょうか!?
考えたら可笑しくなりますよ(笑
お互い心を読まれない術を知ってる二人以外と単純だったりして・・・

今夜のロボット心にWで・・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.11.16 at 02:27 AM

私の心は読めないですよ。
私に心はありませんので。
実際、自分ですら、自分の心を感じないというのが本当のところです。
ただ、人の心は確かに完全に見えます。本を読むようなものです。

Posted by: Kay | 2007.11.16 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/17081216

Listed below are links to weblogs that reference ひきこもりは天才を超える:

« 忙しくてブログが書けない? | Main | ひきこもりに対する偏見について »