« 私が死んでいると言える訳 | Main | 学校に行かなくても困るはずがない »

2007.11.04

病室の少女

あまり真に迫ってもいけないので、私の子供の頃見た幻とでも思って欲しい。

私が小学3年生の時、母親が入院していた病院の6人部屋に、小学5年生の女の子の患者がいた。
とてもおとなしい、静かな子で、大変な美人だった。しかし、彼女の両親が見舞いに来るのを誰も見た者はなく、夜遅く、祖母らしき人が時々来るだけだったようだ。休日に見舞いの子供が来たこともないらしい。
私の母親や、おばさん達がお菓子をあげると、丁寧にお礼を言う礼儀正しいしっかりした子だったが、にこりともしないらしい。
ある日曜日、私が病室に行くと、彼女1人だった。彼女は、おそらくは誰も見たことのない笑顔を私に見せ、「お母さんは1階で他の人とお茶を飲みに行ってる」と言う。
美しい笑顔だった。噂では、彼女は長くはないらしい。
彼女のその後は分からない。私は5年生になった頃、彼女のことをよく思い出した。もうこの世にいないに違いない。そう思うと、太陽すら絵のように非現実に感じ、言いえぬ感覚に囚われた。
しばらく忘れていたが、最近見た「エル・カザド」というアニメで、マフィアの大物が「毎日3食喰えれば天国だ」と言うのを聞いた時、不意に思い出した。彼女のような運命を生きなければならない者もいる。毎日、3食食べられれば、何の不満があろう。

20071104
で、そのような雰囲気のものを描いてみたのですが、まあラクガキです^^;
一応、絵をクリックすると、ポップアップで大きな絵が出ます。

↓3食食べられれば満足な私にいずれか(できれば両方^^;)クリック願います。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 私が死んでいると言える訳 | Main | 学校に行かなくても困るはずがない »

Comments

1位に返り咲きおめでとうございます
kayさん節が世の皆様方に認められた結果では、・・・
人の一生とは、はかないものだと思います
そういう意味でも毎日を悔いなく生きたいものです
私は、kayさんのセミナーを受け自由の有り方を取得したように思います
元々自由人ですが(笑
エロでは、負けませんよ
私の常識は、非常識ですから・・・(^^)V

今夜のセミナーにWでポイッとなぁ

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.11.04 at 08:12 PM

をを!1位!!(ブログ村は3位に落ちてるけど^^;)
ヒデビョ~ンさんのおかげです。
そっちのブログも素晴らしいので、陰ながらポチポチやっております。
ううむ・・・実はエロで負けたくはない^^;
非常識でも負けないぞ!!(マテ)

Posted by: Kay | 2007.11.05 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16964693

Listed below are links to weblogs that reference 病室の少女:

« 私が死んでいると言える訳 | Main | 学校に行かなくても困るはずがない »