« ひきこもりに向いた仕事 | Main | シャーマンの力を得る法 »

2007.11.01

ひきこもりはソフト開発に向く?

ひきこもりに適した職業であるが、ひきもり気質の私自身の職業であるシステムエンジニアについて考えてみよう。
ところで、私はシステムエンジニアという言い方が好きではない。いかにも、企業の都合で作られた職業名であり、何か統一した定義があるわけではない。
一部では、システムエンジニアはシステム設計者で、プログラマはその下の立場にあるように言われるが、こんなことも信じない方が良い。現代的な開発法には、設計しながらプログラムするという手法もあるし、一流の開発者にだって、「最初にきちんと設計するというのは現実的でない」と、お堅いシステムエンジニアに怒られそうなことを言う者もいる。
で、私はよく「ソフトウェア開発者」程度の言い方をするが、別にプログラマでも良いと思っている。現在のGUI型パソコンの創造者と言っても良いアラン・ケイなどは、ずっと職業はプログラマで通しているらしい。
ここでは、「ソフト開発者」で通したい。

さて、前にも少し書いたが、特に専門的な職業をしている人の「自分の職業紹介」みたいなことはあまり信用しない方が良い。
例えば、優れたイラストレーターの方が、イラストレーターという仕事やその適正、心構えなどというものを書いているのを見たが、それを見たら、誰でもイラストレーターになろうなんて気は失くすと思えた。他にも、物書きなど、比較的少数で、確かに厳しい職業の方には、自分の職業を過度に過酷視する方が多いように思う。しかし、この世に楽な仕事などないが、一部の例外を除き、やってやれない仕事もないに違いない。早い話が「アンタにやれる仕事が、なんでそんなに難しいのだ」と言いたいのである。

ところで、ひきこもりがソフト開発の会社に開発者として入ろうとする場合、あの一般的な募集広告が問題だと思う。私なら絶対に応募したくない(笑)。
多いのが、入社歴の浅い社員が、「わが社は」と職場について語る文面である。やりがいある仕事、和気あいあいとした人間関係。厳しくも暖かい上司や先輩。ちなみに趣味はドライブとかテニス。そして楽しい社員旅行・・・。感覚の鋭いひきこもりであれば、全部嘘っぽいと分かるはずだ。大体、気持ち悪いではないか?
趣味を持ち出すほど、職場に馴染む気などない。こちとら趣味はナイフにアニメにお絵描きである(笑)。しかし、こんな会社に入る時は、「読書」とか「美術鑑賞」とか言わないといけないのである。
社員旅行に関しては、ひきこもりなら、学校の遠足や修学旅行がひどく憂鬱だったはずだ。話の合わない連中と1日中団体行動させられるのだ。これを拷問と言わずになんと言おう。社員旅行のある会社や、強制的に参加させられる会社はやめたがいい。
なぜこんな募集が多いかと言うと、一つには、確かにソフト開発会社では協調性のある個性のない人間が欲しいのだと思う。手がかからず、言う通りに滅私奉公してくれる人間で、能力は2の次である。

よく、ソフト開発者(システムエンジニア)はコミュニケーション能力が大切とか言われる。これが大誤解を生んでいる。
コミュニケーション能力とかいうと、話し上手とか、冗談をよく言い、いわゆる周りを盛り上げるノリのいい人間がイメージされることもありが、そんなヤツらは単なるお調子者である。
私の知る優秀なソフト開発者はみんな口下手だ。冗談も言わない。暗い!(笑)宴会では、場がシラけるから居て欲しくないというタイプだ。そもそも宴会には出ない。
ソフト開発は、確かにお客様に聞くことは多いが、一般的に言われる「コミュニケーションの上手い」開発者は、無駄話ばかりして非常に効率が悪い。ソフト開発においては、聞くべきことというのは決まっているのだ。よって、話は営業などと比べれば楽なのである。もしそうでないと言うなら、その者はヒアリングの基礎が出来ていないのだろうと思う。
ついでに年齢の話をしておく。ソフト開発者は若ければ若いほど良いというロリコンのおじさんみたいなことを言う者が多い(笑)。しかし、経験がなくても30位なら十分だし、別に40でも50でもできると思う。ただし、駆け出しのうちは給料を沢山払えるわけではないので、その点だけは致し方ない。
50歳まで砂金取りしかしたことのない世界的プログラマもいたし、60以上の未経験者しか雇わないソフト開発会社の話も聞いたことがある。
年齢よりも、じっと座って仕事をするのが苦痛でないことの方が大切と思う。

ソフト開発者になりたければ、なるべく小さな会社が良い。社長がもともとひきこもりというのが良いのだが・・・。仕事そのものはひきこもりに向いていると思う。よって、駆け出しの時期を除いては比較的楽しく働ける可能性があると思う。
もちろん、好みによる適正はある。
時間があったら、自分でPerl言語や、Basic言語でプログラムしてみると良い。え?Perlは古い?いや、いまをときめく「はてな」のシステムは全部信念の基にPerlで作られ、世界的ハッカーにしてITベンチャーの成功者ポール・グレアムもPerlを薦めている。
Basicはダサい?本当かどうか自分で調べると良い。私はC言語系も使えるが、余程のことがない限りBasicで十分だ。Basicといえば、ちょっと前までVB.NETと呼んでいたマイクロソフトのBASIC言語が、人気がないせいかVisualBasic2005という言い方になったが、私は相変わらず好きではない。無料で使えるので試してみると良いが、プログラミングとは関係ない部分で憶えることや気を使うことが多過ぎる。これは、Visual Basic2005よりずっと小さいVBA(Visual Basic for application。マイクロソフトオフィスに標準のプログラミング言語)ですらそうだ。
本音を言うとRubyを薦める。仕事があるかどうかが疑問ではあるが、楽天のシステムにRubyが採用されるなど、将来性はあると思う。まあ、とりあえずPerlは押さえておくと良いと思う。

|

« ひきこもりに向いた仕事 | Main | シャーマンの力を得る法 »

Comments

今夜は、早めの参上です
専門用語私には、理解できない世界のような・・^^;
でも逆を言えば私達の専門用語もkayさんには、理解できないと思います(笑
私は、引きこもり的なところは、有りませんがPC触るの好きですよ
まだ趣味の範囲だからと思いますが・・・
kayさんの専門用語には、付いて行けない私でした(><)

今夜のセミナーにWでポイッとな

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.11.01 11:23 PM

私の専門・・・それはエロ!(笑)
ふっ・・・ついてこれるかな?(上手だったりして)

Posted by: Kay | 2007.11.02 10:10 PM

現在30で引きこもりで団体行動が拷問。そんな私がIT業界でやっていけるのかな?と不安なときこのタイトルを読みました。とても感動しました。昨年とった基本情報技術者の資格だけでは就職は無理とおもったのですがこのブログをみて就職活動が前向きになりました。Kayさんのブログは学校教育の話を中心に心を揺さぶられるのでとても楽しみにしています。

Posted by: Y | 2007.11.05 09:27 PM

Yさん、はじめまして。
団体行動が拷問というのは私も身に染みています。同じ感覚の方と出会え、何か嬉しい感じです^^
30なら十分若いです。35くらいから始めた人も沢山知っています。
基本情報技術者が取れるなら能力も問題ありません。現在、この資格は決して易しくありません。
私は資格なしで、Basic言語と少しC言語をかじった状態で、社員3名(私入れて4名)の小さな小さな会社に入ることからはじめました。
また、私もかなりのひきこもりです。ひきこもりは治るとは思いません。しかし、ひきこもりで良いと思っています。
小さい会社に「プログラムできます」と言って入り込むのも1つの手と思います。団体行動嫌い、宴会嫌いの人も結構いたりします。
勉強は必要と思いますが、勉強すれば力はぐんぐんつくと思います。
ご質問あれば、いつでも書き込んで下さい。

Posted by: Kay | 2007.11.05 10:03 PM

ITは趣味で行うのはいいが、それは仕事で行うべきではないことが分かった。趣味の分野では楽しいが、仕事では毎日単調なルーティンワークしか行うことができず苦痛でしかない。やはり行動型の自分としては、体を動かす仕事のほうが向いているのではと思った。

Posted by: 匿名希望男性 | 2008.10.28 03:32 PM

★匿名希望男性さん
私は単調なルーチンワークなんか絶対しませんよ。
まあ、駆け出しのうちは仕方ありませんが、創造的な仕事をするかどうかは自分次第ではないのかなあ。
私は趣味の方面ではアナログ寄りです。仕事はITで効率を上げることが必要ですが、趣味は味わいが必要ですからね。

Posted by: Kay | 2008.10.28 09:59 PM

はじめまして。
現在28歳になる元引きこもりです。
14歳から20歳まで引きこもり、その後大学受験浪人、
フリーター等をふらふらと続けておりました。
現在はネットワークエンジニアもどきをしております。
経験は一年程、資格はCCNA(ネットワークコンポーネントデバイスのベンダー資格)とLPIC(linuxの資格)
のみです。
C言語を一時期勉強していたのですが、挫折しました。。
プログラミングは自分には無理かな等とも思いますが、
PerlやexcelVBAで再挑戦したいと思っています。
こちらのblogを拝読しておりますと、勇気が出ます。
現在、五分搗き米と納豆、豆腐による粗食(一口、50回以上咀嚼します)と、自慰行為の禁止を行っております。
引きこもりであったことを面談で色々つつかれる事もありますが、向上意識を持ち続ければ必ず生き残ることができると信じて頑張ります。

Posted by: mizu | 2008.12.19 10:59 PM

★mizuさん
古い記事にコメントいただきありがとうございます。
是非、がんばって下さい。
仕事は自分のためにやるものです。特にクリエイティブな仕事は、自分が楽しくないといけません。
早い話が、会社の都合など知ったことではありません。
ただし、会社や同僚、上司に抵抗せず、広い心で笑って見ていられることも、楽にやっていく条件と思います。それは難しくはありません。
仕事や会社を、あまり凄いもの、高尚なものと思わない方が良いと思います。
大したことありません。きっと、楽々仕事ができるようになります。

プログラミングは、少しの根気があれば誰にでもできます。特にmizuさんはやれそうです。
C言語はややこしいですね。
今なら、やはりPerl(HTMLの知識は必須ですが)が私は良いと思います。
仕事そのものなら、PHPの方が多いかもしれませんが、Perlの方が面白いと思います。
私は、Google APP Engineでの開発の備え、Python(パイソン)に取り組もうと思っています。
しかし、Perlは使える方が良いです。

少食、粗食に取り組まれておられるとのこと、何よりです。
食を厳しく慎めば不可能はありません。
食を慎めば、禁欲は簡単に可能になります。

何か質問などあれば、またコメントして下さい。

Posted by: Kay | 2008.12.19 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひきこもりはソフト開発に向く?:

« ひきこもりに向いた仕事 | Main | シャーマンの力を得る法 »