« 死を明確に知る | Main | 新たな目 »

2007.11.23

絵だけではだめだ

絵が素晴らしいというだけで一般に支持を得た画家というのをあまり聞かないような気がする。
画家の中には、高価な絵の具をチューブごと絞って紙にぶちまけるようなパフォーマンスを見せて人々を驚かせるような人もいるらしいが、良いかどうかは別として、これも一般に芸術に関心を持たせることになると思う。
岡本太郎さんも、その作品だけでもちろん偉大なのであろうが、むしろその言動やパフォーマンスで一般に知られていると思う。
池田満寿夫さんなどは芥川賞作家でもあり、その美文で様々なことを訴え、池田満寿夫の絵はよく分からないが、彼自身が好きだという人も多いと思う。
モディリアーニは世界的画家でありながら、これほど実体が知られていない画家も珍しいとはいえ、彼についてのほとんどフィクションの小説や映画が作られているが、これがモディリアーニ人気の一因と言えなくはないと思う。池田満寿夫さんなどは、モディリアーニの三文小説を読んで彼のファンになったというくらいだ。
ノーマン・ロックウェルは、彼自身は「私は絵を描く以外に何も出来ない人間」と言ったらしいが、彼の絵はスーパーリアルであると共に、そのメッセージ性は凄い。ただし、彼の絵のメッセージは分かりやすい。分かりやす過ぎるのも特徴である。丁度、ギュスターブ・モローの絵が「絵の具で描かれたデカダン文学」などと評価されていたが、彼の絵は神話が多く、そのストーリーはもともと知られていた。
ギュスターヴ・ドレの版画は、よく線だけでここまで荘厳な表現ができるものだと感動するが、やはり文学作品自体の力がその絵を輝かせている。ただ、もともとがイラストレーションという言葉が、輝かせるというラテン語に由来するらしく、ドレの絵は逆に文学そのものを最大に輝かせており、さすがドレであると思う。また、ドレは油彩、水彩でも凄く、私は個人的には彼が最高だと思っている。
もともと、思想というものがなければ芸術家たりえないものと確信するし、その思想は絵以外の何らかの形で表現され、感動を与えるべきと思う。でなければ、単に上手い絵描きではないだろうか。

|

« 死を明確に知る | Main | 新たな目 »

Comments

一筋縄では、ただの人ですが色んな魅力が重なり合って初めて尊敬される人になれる
私も人間として色んな表現の仕方大事だと思います

今夜のセミナーにWでポイッとな!

Posted by: | 2007.11.24 03:14 AM

すいません上記のコメントは、私です!
ボーとして名前書き忘れちゃいました^^;
もう限界おやすみなさい zoo~

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.11.24 03:19 AM

眠い中のコメ、多謝多謝!
シンプルさと奥深さ。人間の魅力は難しいですね。

Posted by: Kay | 2007.11.24 09:54 PM

あけましておめでとうございます。

これを読んで随分たちますが、去年印象に残った記事の一つです。
以前、私のブログで聞いた事のある「絵以外の勉強はなぜ必要か?」の答えにも勝手に感じました。

今年も面白い記事期待しています。

Posted by: lemoco-layco | 2008.01.02 10:10 AM

★lemoco-laycoさん

あけましておめでとうございます。

いやあ、お恥ずかしい。素人がよくこんだけ偉そうに書けたモンだ(笑)。
芸術は爆発だ、人生だ、呪術だ、狂気だ、日常だ・・・となかなか華やかですね(前3つは岡本太郎、次が横尾忠則、最後が池田満寿夫)。
lemoco-laycoさんの作品が呪術に狂気になり、ルーブル美術館に展示・・・って、ここは生きている画家の作品は無理でしたね。しかし、死後には展示されるようになるでしょう!(いや、殺すつもりは・・・)

Posted by: Kay | 2008.01.02 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 絵だけではだめだ:

« 死を明確に知る | Main | 新たな目 »