« 自分の価値を見出すには | Main | 最初のが一番良いという経験 »

2007.10.01

人間にとっての致命傷とは

イアン・フレミングは、007シリーズの小説の中で、ジェームズ・ボンドに「私は背の低い男を信用しない」と言わせているらしい。背の低い男は、劣等感により世間に恨みを持っているという。
「新世紀エヴァンゲリオン」のアニメの最終回「世界の中心でアイを叫んだけもの」で、碇シンジ(14歳)は、「みんな僕が嫌いなんだ」と何度も繰り返す。ミサト、レイ、アスカ、その他が、「あんたが勝手にそう思い込んでいるだけでしょ」と何度も忠告する。

20分もあれば読め、あるいは聞くことができ、それによりたちまち運命が好転するという「マジックストーリー」というものがあるが、その中でも、人間にとって最も致命傷なのが、世間や他人に恨みを持つことで身に付けた自滅的な思い込みであるとされていた。

再びエヴァの最終回であるが、「雨が降れば憂鬱」なんて誰が決めたのか?教えられるまま信じているだけだという。ここは肝心だ。
我々は、教えられ、疑いもなく受け入れたことを疑ってみないといけない。
そうすれば、やがて宇宙は思いのままであることが分かる。
もともと、人間には、いかな突飛な願いも叶える力が与えられている。
ただ、私はそんな力は使わない。通常の能力だけで十分生きていけるからだ。
尚、このような力を使う方法を説く者に騙されてはいけない。このようなことで本を沢山書いたり、セミナーをしたり、霊能力者を名乗ってテレビに出るのは全て偽者と思って間違いない。本物は、そんなもので金儲けする必要がないので、絶対的に無料で教えているのでね。とはいえ、ただ、無分別に受け入れたことを疑うだけで十分なのであるが・・・。

|

« 自分の価値を見出すには | Main | 最初のが一番良いという経験 »

Comments

おはようございます
(石橋を叩いて渡る)私にもそんなところあります
特にお金が絡んで来るならなおさら慎重に
疑問・疑いは、新しい発見や改革には、必要だと思います
先見の目を持つ人に私は、為りたいそう思っています

今夜のセミナーにポイッと

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.10.02 at 07:46 AM

をを!朝も早くからありがとうございます。
戦国時代でも、大将は臆病でなくてはならないと言った名武将は多かったと思います。
何も考えないタイプが一番恐いですね。
先見の明も、進みすぎると良くは無く、世間よりほんの僅か進んでいるのが一番儲かるそうですね。

Posted by: Kay | 2007.10.02 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16634054

Listed below are links to weblogs that reference 人間にとっての致命傷とは:

« 自分の価値を見出すには | Main | 最初のが一番良いという経験 »