« 理想の上司 | Main | 能ある鷹は・・・ »

2007.10.14

聖なるものとの交流

南インドの聖者、ラマナ・マハルシを訪ねた人がマハルシに言った。
「あなたと過ごす1日は素晴らしく、それが2日ならもっと良く、3日ならさらに良いのです」
マハルシはごく普通の老人であり、特に何をするわけでもなく、会話もほとんどしない。
彼の前では、誰でも(動物でさえ)直ちに安らかな気持ちになると言われる。
これほどではなくても、人と人との交わりとは、本来、このようなものなのだ。しかし、今は人が交流するのに、目的や期待が支配するようになった。
母と子にしても、母が子に何らの意図や期待も抱かない時、共に居て子は安らぐのであり、母は慈愛となるのである。

20071014
で、日曜のラクガキ。ラクガキは、私の精神の状態チェックです。みなさんもやってみると良いですよ。クリックするとポップアップで大きな絵が出るらしい(笑)。

|

« 理想の上司 | Main | 能ある鷹は・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 聖なるものとの交流:

« 理想の上司 | Main | 能ある鷹は・・・ »