« 神もサイコロを振る | Main | 孤独な時間の大切さ »

2007.10.24

ひきこもり気質は欠点ではない

日本ブログ村の、メンタルヘルス-ひきこもりカテゴリーに参加した。
いまでは、私をひきこもりと言う人はいないし、むしろ恐いもの知らずのように見えるらしい。しかし、私はかなりのひきこもり気質である。
そして、ひきこもり気質というのは治るものではない。いや、「治る」という言い方自体がおかしい。ひきこもり気質は病気ではないし、欠点ですらない。

詩人、思想家として著名な吉本隆明氏(よしもとばななさんのお父さんといった方が通りが良い場合もある)も、いろいろな著書でひきこもりは決して悪い性質ではなく、普通の人より感じることや考えることが多いだけであり、むしろひきこもれる性質は優れたものであると書いておられるが、私も同意だ。
ただ、長時間ゲームをしている者は、自己を見つめるようなこととは無縁になりやすく、ひきこもりの良い面がなくなってしまうと思う。

ところで、海外の事情は分からぬが、日本では、ひきこもりに合う仕事が少ないように思う。
日本の社会は、実際には国家や大企業に支配されており、経済的に効果的なもの、すなわち、自分で考えることのない人間が集団で同じ行動をする仕事が優遇される。よって、それに備え、学校では「前に倣え」の言葉通り、皆と同じ行動および考え方をするよう強制される。感受性の強いひきこもり気質は、そのようなものにおぞましさを感じるはずだ。よって、学校も仕事もうまくいきにくいのだろう。
先の吉本隆明氏も、ひきこもりが生きて行く2つの道として、自分の性質をある程度変容させるか、ひきこもったままでもやれる仕事に就けと書いておられたが、他人と関わらずにやれる仕事はあまり多くは無いかもしれない。
しかし、あまり他人と関わらずにやれる仕事というのもある。
逆に、私の場合、見知らぬ他人と関わりまくり、話しまくる仕事から始めたのが面白い。ただ、そうなったのも、巡りあわせと言うか、運命みたいなものもあり、誰にでもお薦めできるわけではない。
人生は偶然の連続で出来ているようなものだが、運命の差し出すものを活用しさえすれば、そう悪い人生にはならないのではと思う。

|

« 神もサイコロを振る | Main | 孤独な時間の大切さ »

Comments

運命の差し出すものを素直に受け止めポジティブに行けば必ず光が差し込めてくるように思います
人は、気持ちの持ちようでどうにでもなる可能性を秘めている生き物だと思いますから・・

今夜のセミナーにWでポイッといっときます

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.10.25 at 12:52 AM

私はネガティブな性質ですが(笑)、運命を明るく受け入れようと思っております。

Posted by: Kay | 2007.10.25 at 09:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16858832

Listed below are links to weblogs that reference ひきこもり気質は欠点ではない:

« 神もサイコロを振る | Main | 孤独な時間の大切さ »