« 幻想の先にあるものとは | Main | 神もサイコロを振る »

2007.10.22

騙されるな

いまどき、ユリ・ゲラーが本物の超能力者であると信じている人は、一般の人では少ないと思うが、かつて日本を含む世界中の多くの普通の人が、彼が超能力を持つという認識を持っていたものだ。
他にも、「魔のバミューダ・トライアングル」(大西洋のバミューダ諸島を含む海域)で怪奇現象が起こると当然のように言われていた頃もあった。
また、1930年頃に、デューク大学でライン教授が行ったESP実験(遠隔透視能力等)での、ライン教授のレポートを真に受けて、ESP能力なるものに信憑性があると本気で信じられていた頃もあり、ビジネスの成功法則で著名なナポレオン・ヒルなどは、その代表的な著書「巨富を築く13の条件」で、この実験を取り上げ、人間には神秘な力があり、この力を活用する重要性を説いたりもした。(他にも、「信念の魔術」で有名なクラウド・ブリステルなど、多くの成功宗教の教祖がライン実験を引用・利用した)
将来であれば、今人気のある占いおばさんや、怪しげな霊能力者を信じていた人も多かった馬鹿な時代もあったなあと言うかもしれないが、その時は、もっと別の馬鹿なものが信じられるのだ。つまり、ある偏見が別の偏見に変わるに過ぎない。
なぜそんなことになるのかという1つの理由が、ユリ・ゲラーやバミューダ・トライアングルやライン教授の実験がセンセーショナルな時にはメディアはさかんに報道するが、それらの信憑性を明らかに覆すような事実は決して報道しないからだ。メディアというものが、真実の伝達人ではなく、単に国家や大企業の下僕だということがよく分かろうというものだ。
今でも、例えば、星野仙一氏が言うことなら何でも信じられるような風潮があり、私は彼をテレビCMなどに登場させるのは問題であると思う。彼がCMで何かを良いと言ったところで、彼が本当に理解して良いと言っているわけでもないだろうし、そもそも、彼の言うことが正しいという理由など何もない(野球に関しては、ある程度の信憑性があると考えて良いのかもしれないが)。
何でも、ロクに吟味せず無分別に真に受けてはいけない。それこそが、人間としての力を弱めることになる。あなたの力を、あなたを騙す者に与えることになるからだ。

|

« 幻想の先にあるものとは | Main | 神もサイコロを振る »

Comments

昨夜は、ご無沙汰しました^^;
イラストを見逃す所でしたよ

昨夜の疲れが残っており加えて今日の疲労
お疲れモードです
今夜は、早く寝ます

BLOGMURAも加えてWでポイッといっときまぁ~すよ

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.10.22 at 11:13 PM

『ユリ・ゲラーが超能力者であると信じている人』
     ↑
私のことか!なぜか、彼と会ったことがないの、信じている。

夫の「宝くじを、当てる」も、、一度も当たった事ないのに信じている、、、

あなたのブログに書かれていることも、、信じてしまう、、

そっか~、、、ユリ・ゲラーは超能力者でなかったのか、、知らなかった、、、


Posted by: 華文字 | 2007.10.23 at 06:42 PM

★ヒデビョ~ンさん

毎日お疲れ様です。
収穫の秋ですもんね。きれいなおねいさんをすっぽんぽんで神に捧げる神事でもあればいいですね。
もちろん、私が神で・・・
はい、寝るのが一番です。

Posted by: Kay | 2007.10.23 at 09:56 PM

★華文字さん

何でも素直に信じる心、いいですね~(あれ、主張が・・・)
サンタのおじいさんは確実にいますね。
それに、世界は実は亀の背中の上だったのです!!
え?その亀の下はどうかって?
それはですね・・・その下もずーーーーーーーっと亀なんです!!

スプーン曲げと、名刺での割り箸切断(私は4本同時に切ります!)を宴会芸にしているKayでした。

Posted by: Kay | 2007.10.23 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16830281

Listed below are links to weblogs that reference 騙されるな:

« 幻想の先にあるものとは | Main | 神もサイコロを振る »