« 美しい国を作る2つの方法 | Main | 星の危険な誘い »

2007.09.18

感受性なき子供達の未来とは

人間とは、つくづく不都合な仕組みの生き物と思う。
他人を殴ると、手が痛いことから、相手も痛いのかなと推測できる可能性もあるが、棒や鉄パイプでなぐると、疲労は感じるが、こちらはさっぱり痛くない。相手の声や表情から苦痛を推測できそうな気もするが、それにはある程度の経験や感受性が必要である。
ましてや、レイプや強制猥褻などは、やる方は楽しくて気持ち良いのであるから、相手の苦痛はさらに意識の外になりやすい。
一度殴られれば、殴られたら痛いということが分かるが、現在は殴られる機会は非常に少ないし、その上、テレビゲームなどで、平気で相手の身体がぶっ飛ぶほど殴りまくっていると、殴る、殴られるの現実味は更になくなると思う。
ゲームもであるが、学校の勉強も机の上でのものばかりで、実感に乏しく、感受性を発達させる機会もないので、こういった他人の苦痛というものの存在を実感できないとしても仕方がないかもしれない。

「サイボーグ009」というアニメで、他を攻撃すると、その衝撃を自分が感じるため、一切の攻撃が不可能という異世界の人間が登場したことがある。現在の日本の特に若年層の正反対である。
また、現在の漫画界の巨匠、永井豪氏の漫画で読んだが、ある男が女性をレイプしようとすると、男の魂が女性の中に入り、自分が被害者として体験することでレイプの恐ろしさを実感するというものがあった。
これらを見ることで、被害を受ける者の状況を多少想像できるようになるものであろうか?

ましてや、精神的な苦痛となると、さらに想像できない人間が増えているに違いない。
集団暴行で人を殺すとか、自殺するほど追い詰めるようないじめ、教師の立場でありながらの女生徒への猥褻行為が毎日のように報道され、しかもそれが氷山の一角というのは、人間が痛みを経験する機会も、感受性を育てる機会もなくなっていることが原因であろう。
永井豪さんの漫画のように、魂が入れ替わればすぐに自分の行為の非道さが実感できるのであるが、それは無理だ。

初めて刃物を持った中学生が指を切り、血が流れるのを見てパニックに陥ったという話がある。刃物が危害を加えることもあることを知らなかったのだろう。こんな人間は、他人に平気でナイフを突きつける可能性が高いし、そのまま刺してしまうこともあるかもしれない。
数十年前、学校では子供にナイフを持たせない方針を徹底させ、子供がナイフを使わなくなった結果、ナイフは以前と比較にならないほど恐ろしいものになったのだ。
今、日本の間抜けな公的教育界は、小学生に全国の都道府県名と場所を暗記させようとしているらしい。またも実感の沸かない暗記である。日本の教育に未来はないであろう。

思いやりとは、他人の状況や立場を思いやる、すなわち実感として理解する能力である。美しい心の問題ではない。それには、痛みの経験や感受性が必要である。経験や感受性を育てる機会がなければ絶対に身に付かないものだ。
現在、学校教育とゲームにより、現実的経験や感受性を得る機会のほとんどは奪われている。その影響は、人々の行動に十二分に現れてきている。
可能性があるのは、隠れてナイフを使い、ゲームを買う余裕のない家庭の子供かもしれない。
ゲーム機を与えるくらいなら、天体望遠鏡が良い。天体望遠鏡を使うと、それだけで実に多くのことを学ぶ。ほんの僅か望遠鏡が動いただけで、高倍率の望遠鏡では視野が大きく外れることを知る。よって、望遠鏡は非常に丁寧に扱う必要があると気付くだけでも何と子供を成長させることか。映画やアニメで、天体望遠鏡でUFOや流星を見るシーンがあると、そんなことがあり得ないことを実感として分かるようにもなる。それは論理的類推であり、確実に頭を良くする。学校の成績ではなく、知的能力が上がるのだ。
一方、ゲームは美的かもしれないが、それも偏った美しさだ。しかも、非常に狭い範囲の知的能力しか使わないし、ほとんどがパターン通りに反応することを要求される。すると、自発的に思考することがなくなり、頭はどんどん悪くなる。また、確実にパターン化人間となる。まあ、それは学校や大企業には都合が良いのであるかもしれないがね。
世界には、男の子が10歳になればナイフを与える習慣のある国や地域が多くあるらしい。男の子の方も、ナイフを貰える日を心待ちにしているはずだ。ナイフを持つほど大人になったことの自覚や、それを使う中で何度も怪我をすることで学ぶこと。それは非常に良いことであることは間違いない。尚、女の子に持たせるのも当然良いと思うが、女の子は他に持つべき道具があるということかもしれない。だが、現在は、針で指を刺した経験のない女の子も多いかもしれない。

|

« 美しい国を作る2つの方法 | Main | 星の危険な誘い »

Comments

今思えば・・私は、自然と感受性や知的能力を身につけてきたような気がします。
と言うか・・田舎ですし~それが当たり前だったような・・・ 
その頃もゲームは、有ったのですが全然興味なし! 今も同様です。 
土に触れ自然に触れ痛みを感じ人を思う今より何もない時代でしたがそれが逆に幸せだった様に感じます!
感受性、知的能力大事ですね

今夜のセミナーにポイッと・・

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.09.19 12:37 AM

をを!素晴らしい環境でお育ちになられたようですね。
腕力、体力、メシの量にエッチさ加減も倍というところですね。

Posted by: Kay | 2007.09.19 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 感受性なき子供達の未来とは:

« 美しい国を作る2つの方法 | Main | 星の危険な誘い »