« 嗚呼!絶品!! | Main | 感受性なき子供達の未来とは »

2007.09.17

美しい国を作る2つの方法

安部首相が、「美しい国作り」をスローガンとしていたが、このような抽象概念を政治のスローガンにするのは、そもそも危険思想である。
しかし、もうお辞めになるということなので、あえて、どうやればこの抽象的な「美しい国」が実現するのか考察しよう。
1つの方法は、特定の個人、即ち、総理の主観に合致する「美しい国」のイメージを無理矢理実現することであり、完全な独裁国家を目指すものである。
もう1つ考えよう。その方法は、国民の大半をお金持ちにすることである。
「美しい妻」なら、金持ちであろうが貧乏人であろうがみんな欲しがる。もちろん、金持ちの獲得率の方がはるかに高い。しかし、「美しい妻」は期間限定である。
「美しい家」も誰しも欲しいが、庶民では順番は後回しになる。まずは、今の生活が最優先である。「美しい町内」となると、ぐっと優先順位が下がる。そんなことを考えるのは、美しい家を持つ者である。
家や町ですらそうである。美しい国を欲しがるのは、一生、お金の心配が全くない、浮世離れした人間である。これをもし、国民のためのスローガンにするなら、国民全員を金持ちにしないといけない。
いずれにせよ、抽象概念をスローガンにする人物をリーダーにしてはいけないという教訓を私も認識したのである。

|

« 嗚呼!絶品!! | Main | 感受性なき子供達の未来とは »

Comments

今晩は・・
kayさん是非、衆議員議員選に立候補してください!
私一票投じますよ(笑
今の政治何をしたいのか暗中模索的な感じでよく分かりません
誰がやっても同じって感じです
でも・・一度民主党に変わってみるのも善いかなぁ~って感じです
結局、たいした事ないと思いますが・・

今夜のセミナーにポイっといっときます

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.09.18 01:22 AM

私が当選したら・・・日本が滅ぶかもしれない(笑)。
今の総理大臣の親の世代は、極ワルもいたが良い政治家もいました。その蓄えでギリギリ日本は持っているのですから、ここらで本当に改革しないと日本も終わりですね。米国の1州になってもやっていける能力を持たないといけないですね。

Posted by: Kay | 2007.09.18 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美しい国を作る2つの方法:

« 嗚呼!絶品!! | Main | 感受性なき子供達の未来とは »