« 宇宙人に勝つ方法 | Main | 「三つ指を突く」文化復活が日本発展の鍵 »

2007.09.06

宇宙人に勝つ方法実践編

仮の話であるが、非常に都合が良いのでこういう言い方をするのであるが、我々人間は、宇宙人に思考・感情を完全コントロールされている。
例えば、男性がある女性を見て、理想のタイプと感じ、どうしても結婚したいと思ったとしても、それも宇宙人によるコントロールであり、「そう思わされた」だけである。
誰か、非常に気に入らない人がいたという場合も、自分ではいろいろ理由を付けるであろうが、それもまた同じく宇宙人による思考・感情操作である。
宇宙人のコントロールは非常に緻密で完全であり、それこそ、靴下をどちらの足から履くかだって彼らの支配下にないものはない。
では、私がこれを書いているのも宇宙人のコントロールなのだろうか?
実は、私は彼らの支配を免れることに成功したのである。
その方法を紹介するが、ほとんどの人は取組もうとはしないであろう。

宇宙人は、人の心を利用するのである。
もともと、人間も他の動物同様、心というものを持っていなかった。このような場合、支配するのは簡単としても、ダイナミズムに欠ける。つまり、結果は単純に予想されて面白くないし、創造的発展も期待できない。
そこで、宇宙人は人間に心を与えた。心とは、簡単に言えば、出来事に対し、印象の量を変えることのできる器官である。「きれいだ」「怖い」「楽しい」「美味しい」等の印象が、それぞれ最大レベルからゼロレベルまで変化し、印象が大きいものほど記憶しやすくなる。「きれい」がハイレベルになった印象は「感激」や「感動」となる。
あらゆるレベルの印象をコントロールすることで人間を支配できるが、これら印象間の関係や知的能力、身体能力その他の影響で、人間の行動は実に多様性を見せる。これは非常に面白い実験であり、興味深い遊びでもある。

では、宇宙人の支配を逃れるにはどうすれば良いか?
実は、宇宙人が人間に対して実施したことには抜けがある。つまり、あくまで心を通しての支配であるのだが、心は時々静止してしまう。その時、宇宙人に支配されない素の状態を体験してしまうことがある。これが、悟りの体験のようなものであるが、それは一時的なものであり、普段の心の印象の渦の中で忘れ去られてしまう。
このような状況を作れば良くのだが、それは高度な集中により達成可能ではある。ただし、宇宙人だってそんなことを見逃すはずがない。すぐに邪念を心に起させ、集中を中断させることはご存知と思う。
ここらの事情は、米国の有名な黒人男性歌手が歌で表現していた。「集中しろ」「集中は難しくない」と歌ったが、彼は宇宙人の反撃にあい、その対抗策に無知であったために、むしろおかしなことをやるようになってしまった。
だが、私は対抗策を知っている。
好みのタイプの異性を見たら、「なるほど、これが宇宙人のコントロールか」と思えば良い。ただ、別に抵抗しなくて良い。ただ、自分の心を観察していれば良い。
いやなヤツを見て、「気に食わない」と感じたら、その感情もただ見ていれば良い。
自分の家に忍び込もうとしている泥棒を見張るような感じで心を見張るのだ。
そんなことを繰り返していると、感情や思考が自分ではないことが分かってくる。そうすると、身体が自分でないことも分かってくる。
そして、いままで考えもしなかったが、心を観察する自分というものが確かに存在し、それが大変なものであることを発見する。宇宙人は、この「観察する自分」が無いのだと人間に信じ込ませるために、人間が、自分を心だと思い込むようにしたのだ。しかし、観察する自分はあまりに強力であるため、いかに宇宙人でもこれを支配することは不可能だ。
鑑賞する自分に何ができるかというと、別に何もできない。だって、それは心を要しないものなので、願望などないので、何もする必要がない。だが、あえて心を作用させれば、現象界でいかな突飛なことでも実現させてしまう力がある。
だが、その仕組みは心で思考する限りは分からない。その力を自分で獲得して試していただくしかない。宇宙人も、驚くべきおもちゃを我々に与えたものである。何らかの意図があるのであろうが、それは時節が来れば分かるであろう。

余談(どうでもいい話)
そういえば、今年でウルトラセブン40周年であるらしい。
「祝!40周年記念 ウルトラセブン大賞」で、見事大賞を獲得したメトロン星人は、タバコの中に結晶体を混ぜ、これによる精神操作により地球人の信頼関係を壊そうと目論んだ。
授賞式では、メトロン星人は「大変な名誉」と喜びを語ると共に、「最近はタバコを吸う人が少ない。別の手段を考えねば」と語った。これを聞いた、愛飲家で知られる、アンヌ隊員役のひし美ゆり子さんが「お酒に混ぜちゃイヤ」と言って笑いを取った。
最後に、メトロン星人はダン役の森次晃嗣さんとがっちりと握手。翌日のデイリースポーツ紙では、「歴史的和解!」と報じられた。(みんなヒマだなあ・・・)
尚、メトロン星人登場の第8話のエンディングのナレーションはこうであるらしい。「われわれ人類は今、宇宙人に狙われる程、お互いを信頼してはいません」

|

« 宇宙人に勝つ方法 | Main | 「三つ指を突く」文化復活が日本発展の鍵 »

Comments

自分の考え感情は、コントロールされている事を理解したうえでその事をまた理解すれば善いのですかなぁ!?
つまり一枚上手を行くという解釈で勝てるのかなぁ?
こう言う事を考えてる私は、今コントロールされているのかも・・(笑
庭鳥と卵どっちが早いか!?って感じです!
今夜のセミナーにポイッとクリック行っときます

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.09.06 at 11:22 PM

何事もやってみなければ分からないというところです。
ただ、心でコントロールに抗っても無駄ですなあ。理解も解釈も心の働きですから、どうやったって勝てません。
心を離れ、心を殺す以外に方法はありません。

Posted by: Kay | 2007.09.08 at 12:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16360084

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙人に勝つ方法実践編:

« 宇宙人に勝つ方法 | Main | 「三つ指を突く」文化復活が日本発展の鍵 »