« スポーツと教育を疑え | Main | コトバの少女と無限の想像力 »

2007.09.26

モテる秘密

モテない男はどこにでもいるが、モテない原因は、大抵は女性へのアプローチが下手か、そもそもアプローチしないかのいずれかだ。
いくらいい男だって、黙ってじってしていても女は来ない。来たとしても複数で来る。
サザンの歌ではないが、男は、「立てよ、行けよ女のもとへ」である。
しかし、モテないのは、その男の母親の責任と言える。モテモテとは言わないまでも、数撃ちゃ当たる程度にモテるくらいなら、さっぱりとした男らしささえあれば良い。それもなく、意思表示がはっきりできない男は、母親が構い過ぎたのが原因である。高校生にもなった息子に毎日弁当を持たせるようではダメである。

世界的作家・詩人であるアンデルセンは、14歳で田舎から単独コペンハーゲンに出てきたのは立派であるが、それまで母親がべっとり構っていた。おかげで、やはり一生モテず、結婚もできなかった。親しい美しい女性は沢山いたが、尊敬はされていたかもしれないが、浮名は一度も流さなかった。
挙句、自伝で大絶賛したのは、スペインで逢った11歳くらいの盲目の少女で、アンデルセンは彼女のことを「美の女神の化身」とまで書いている。そして、「即興詩人」という小説の中で、彼女をモデルにしたララという少女まで登場させた。
自伝の中で、その少女をどうしたかは書かれていない。ただ、「施しをする機会を逸した」とあり、お話もできなかったことが想像できる。「即興詩人」の中では、ララの額にいきなりキスし、ララは悲鳴を上げて逃げたとあるが、アンデルセンもそんなことをしたのではないかと思う。
アンデルセンの女性へのアプローチの哀しいまでに下手だったことを示す逸話がある。
彼は24歳の時、美しい少女に恋をした。ところが、アンデルセンが取った手は、自分の自伝を書いて送ることだった。当然、うまくいくはずがない。モテない男の中には、案外、これに近いことをやった者もいるはずだ。自分の中味を知ってもらえば好かれるはずなんて、やはり母親の毒が回っている者の考え方である。
ちょっと話は異なるが、かの天才、南方熊楠は、40歳で28歳の女性と見合い結婚したが、婚約後、樽に本を詰め込んで送り、「1冊でも多く読むように」と伝えたそうだ。見合いでもしなければ、彼も結婚は無理だったろう。
一方、モテたのは岡本太郎だ。日本人の中でも背の低い男であったが、パリでは、パリジェンヌはもちろん、各国の美女、美少女と親しくし、同棲も多くしたとある。どうすればモテるかは、彼の「自分の中に毒を持て」でも読んで欲しい。もっとも、この本の中でも、恋愛に関する話題はあるが、「片思いでもいいじゃないか」と書かれてはいるのだが^^;

尚、私が知る限り、最強のモテ男は、「荘子」に出てくる哀駘它(あいたいだ)だ。
天下一の醜男(ぶおとこ)である哀駘它は、女はもちろん、男も惚れこまずにいられない。
別に何か特技があるわけでも、壮大なポリシーがあるわけでもない。
しかし、若い娘は妾でいいから側に置いてと言い、国王であれば、国をまかせてしまおうとする。
なぜ哀駘它がモテるかは、あの孔子がじっくり解説してくれている(もちろん、荘子が孔子のキャラを借りているだけであるが)。
内編の「徳充符」に登場する。読むべし!

話は変わるが(私の話はコロコロ変わる)、最近、テレビなどで、女性が人差し指をビっと立てるポーズを取るのをよく見る。
異常である。女性はそんなことやってはいけない。
これは、女性が変質してきたことを顕しているのである。もちろん、悪い変質だ。こんなの女ではない。
マイケル・ジャクソンは、ステージ上やビデオクリップなどで、必ず人差し指を立てる。その指を女性の目の前でクネクネ動かしたり、舌で舐めてどこかに差し込むようなポーズをする。
その意味するところはお分かりと思うが、あまり品の良いとはいえないナンパテクである。しかし、今の日本でも非常に効果的だ。あまりに効果があるのに驚くかもしれない。心して使うように(をい)。

|

« スポーツと教育を疑え | Main | コトバの少女と無限の想像力 »

Comments

こんばんは、・・
kayさん最近進化してるんじゃないですか!?
壊れて行ってるのかなぁ!?
それとも、本心が出てきたとか!?
私の影響ですか?(笑
人間鎧を着たままじゃ疲れますよ
自分の毒を隠さず表面に出した方が楽ですよ
私みたいに(笑
その内kayさんの毒を好むメスが寄って来ますよ
ブンブンと
マイケルkayで行きましょう
指を立てて(笑

それと・・・口とムニュムニュは、一概には、同じとは疑問!
それより唇の厚さ大きさを見たほうがより現実的ですよ!
明日周りの女性をチェック
興奮しないように(笑

今夜のセミナーにポイッと

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.09.27 at 02:28 AM

いや、もう沢山です。百人もいるのですから(笑)。
はい、私は鏡のようなものですので、私に感じる全ては、私を見る人の反射であります。
マイケルはかつて美しかったなあ・・・

Posted by: Kay | 2007.09.27 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/16579923

Listed below are links to weblogs that reference モテる秘密:

« スポーツと教育を疑え | Main | コトバの少女と無限の想像力 »