« 星の危険な誘い | Main | オンナの表情を美しくするもの »

2007.09.20

ドッペルゲンガーを殺す

ドッペルゲンガーというものをご存知だろうか?
もう1人の自分という不気味なもので、当然、自分そっくりである。また、自分のドッペルゲンガーを見ると、まもなく死ぬという説が支配的だ。

著名人にも、自分のドッペルゲンガーを見たことを明かした者もいるらしいが、エドガー・アラン・ポーの短編小説「ウィリアム・ウィルソン」では、やや趣は異なるが、主人公のウィリアム・ウィルソンの前にもう1人のウィリアム・ウィルソンが現れるものがある。
この小説では、本物の高慢なウィルソンは、もう1人の善良なウィルソンを、最後には剣で刺し殺すが、もう1人のウィルソンは死の間際、「お前は自分を殺したのだ。お前は、この世に対して、天国に対して、希望に対して死んだのだ」と言う。
一般に、もう1人のウィルソンは、本物のウィルソンの良心であると言われている。

だが、それは違う。
ドッペルゲンガーの、そして、ポーの「ウィリアム・ウィルソン」の真の解釈を知る者は少ない。

私は、ある時、ついに自分のドッペルゲンガーを捕らえた。
普通の人は、単に自分のドッペルゲンガーと一体化しているのだ。それを超然と、自分と異なるものとして見たのだ。
私は、ドッペルゲンガー抹殺を試みた。
だが、あのウィルソンだって、もう1人の自分の抹殺には長い時間がかかったのだ。
長く苦しい戦いであったが、ついに私もドッペルゲンガー抹殺に成功した。
そして解放されたのだ。

まこと、自分のドッペルゲンガーを見た者は、まもなく死ぬのである。この世に対しての祝福された死である。そのチャンスを得たと言えるのだ。
もう1人のウィルソンは、本物のウィルソンに刺されて倒れた時、確かに言ったのだ。「お前は勝った」と。
ドッペルゲンガーとは心に他ならない。善良で有能で、誇り高く高尚に見えても、それは欲望と恐怖にまみれた落ち着かない心に過ぎない。
それが見れるようになるには、何らかの恩寵が必要だ。回りにいる優れた人物、本の中の1つの文章、偶然聞いた言葉。これらの中に恩寵がある。
そして、もう1人の自分を見つけたなら、可能な限り即刻死刑にすることだ。なぜなら、それがあなた自身を奪い続け、人生を台無しにしていたはずだからだ。

|

« 星の危険な誘い | Main | オンナの表情を美しくするもの »

Comments

ドッペルゲンガー!?
舌噛みそうな名前ですね
私自身3人ぐらいいる様な・・・ん!
よく分からないです
でも多面性は、実感していますよ
何となく(笑
直ちに抹殺しますよ
でも・・寂しくなるような感じです(笑
彼らと相談してみます(他二人
kayさん意味分かりますか!?

今夜のセミナーにポイッ

Posted by: ヒデピョ~ン。。 | 2007.09.21 12:49 AM

私は1人でもあり、全ての人間でもあります。
厄介者を抹殺すると、かえって寂しくなくなりますよ。

Posted by: Kay | 2007.09.21 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドッペルゲンガーを殺す:

« 星の危険な誘い | Main | オンナの表情を美しくするもの »