« 勇気に元気 | Main | 超人になる方法 »

2007.08.10

天下取りの秘訣

不満を沢山持った人が多いようです。
不満も多くなると、顔の相に現れます。それはかなり醜いものと思います。
「不満があるから向上の意欲が沸く」ということもあるかもしれませんが、それは間違った方向に行く可能性が高いですね。
そもそも、「あなたにいったい何の不満があるのよ?」と言ってやるべき人が多いと思われます。
実に、不満を持たないことが人生のコツであるはずです。
風説とは思いますが、ある程度核心を突いているお話として、徳川家康に「天下取りの方法」を尋ねた人がいます。家康は、それは2つあると言いました。「上を見るな」と「身の程を知れ」です。いずれも、要は「不満を持つな」ということです。
実際、世界を広く見れば、我々には何の不満もないことが分かります。
それと、不満を持つのは感受性の欠如の問題もあります。世界に関する情報が足りなくても、例えば、「マッチ売りの少女」のことを思えば、大方の不満は吹っ飛ぶはずです。
そもそも、学び、感性を磨く本来の目的は、まず不満を持たないようにするためです。
学校では、不満を抱える人間しか育てません。そんな人間の方が、都合の良い消費者になりますので、経済大国には都合が良いとは思いますが。
尚、金儲けをたくらむ連中は、人々の不満を利用します。そして、不満を多く持つ人は簡単に騙されます。また、不満を持つと、ものごとの正しい姿が見えなくなります。
ストレスの多くも不満から来ます。不満がなければストレスもありません。
不満を持たないためには、多くのものを見、経験して、精神が成熟する必要があります。
そして、真の満足を知れば不満は消えます。真の満足とは、決して贅沢や賞賛や権力や恋愛ではありません。それは心が完全に静まり、澄み切った状態で体験します。
そうなれば、天下を取ろうと思わなくても、天下の方からやってきます。

|

« 勇気に元気 | Main | 超人になる方法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天下取りの秘訣:

« 勇気に元気 | Main | 超人になる方法 »