« 私は私 | Main | 祭りの後は口説きの好機? »

2007.08.07

本当の自分の見方

「本当の自分」などと言うことがある。
見たいだろうか?本当の自分を。
それは驚きである。
どうやれば見れるのであろうか?
その見方を教えよう。

みにくいアヒルの子は本当の自分の姿を見ていなかった。
それで、美しい白鳥を見て、憧れると共に、「こんな醜い自分が近寄ったら殺されるだろう。しかし、あんな美しいものに殺されるならそれでもいい」と思って、白鳥達に近付いた。しかし、思いがけず、白鳥達の大歓迎を受ける。
その時、みにくいアヒルの子は水面に映る「本当の自分の姿」を見て驚く。

この寓話で、1つ注意したいことは、水面が静かであったことだ。もし、波が激しかったら、みにくいアヒルの子は自分の本当の姿を見ることはできなかった。

この話に大きなヒントがある。
まず、自分で自分を見ることはできない。自分の顔を自分で見れないようなものだ。
しかし、鏡があれば見ることができる。
鏡の役割を果たすのは心である。
みにくいアヒルの子が浮いていた水面が静かであったように、心が静かであれば、自分の本当の姿が正確に映る。逆に、心が動き回っていては、正しい姿は見えない。
心が静まり返った時に映る自分の姿への驚きは、みにくいアヒルの子どころではない。
では、どうやれば心は静かになるであろうか?
みにくいアヒルの子が、殺してもらうつもりで白鳥達に近付いたように、全てを諦めることだ。あれとこれを諦めるのではない。全てだ。

みにくいアヒルの子の本当は意味は、このようなものである。

|

« 私は私 | Main | 祭りの後は口説きの好機? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本当の自分の見方:

« 私は私 | Main | 祭りの後は口説きの好機? »