« 芸術家に肖像画を依頼するな | Main | SとM »

2007.08.21

山口小夜子さんの絵

山口小夜子さんが亡くなられたと聞き驚いた。
私は毎日、山口小夜子さんの絵を見ているのだ。
1993年に池田満寿夫さんが描いたもので、モノクロのデッサン画とアクリルで描いたものである。
これは、河出書房新社の「池田満寿夫の人物デッサン」という本の、表と裏の表紙である。
この本のために、池田満寿夫さんは20年振りに人物モデルを使ったというが、そのモデルが山口小夜子さんだった。それは1977年のことで、本も同年に出ているが、16年後にもう一度山口小夜子さんを描き、1994年に増補版として再出版している。
本の中では、様々な画材を使い、池田満寿夫さんが山口小夜子さんを描きまくっている。
しかも、制作過程、モデルの写真も同時に収めてあるという、なんとも貴重なものである。
池田満寿夫さんは、自分のやり方を惜しみなく公開するが、読者は自分のやり方を掴んで欲しいとあった。
池田満寿夫さんが、実モデルを描くのが苦手なのは有名である。別の本に書いてあったが、とにかく緊張していたたまれないらしい。
池田満寿夫さん自身の1977年と1994年の絵の変化も面白い。1994年はすでに陶芸の仕事を多くするようになっていたが、デフォルメ具合が、より「異形」という雰囲気になっており、またモノクロデッサンも深みがあるように思う。
この本もそろそろ絶版かもしれない。

|

« 芸術家に肖像画を依頼するな | Main | SとM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山口小夜子さんの絵:

« 芸術家に肖像画を依頼するな | Main | SとM »