« オピネルに萌える | Main | 銃刀法で笑う »

2007.07.17

政木和三さんの思い出

政木和三さん(故人)も、トンデモさん扱いされることが多いことは私も知っている。
宇宙人からの連絡を公表したり、自分の身に起こった数々の凄い超常現象も著書に書いている。
だが、その他のトンデモさんとの圧倒的な違いは、80歳を過ぎてなお、一流企業で研究活動を行い、その成果から数多くの製品を作って販売したが、ヒット商品はあっても、世間から非難されるような製品があったとは聞かないといった、現実面での業績だ。これは、彼をトンデモさん扱いする人よりはるかに上であろう。
ゴルフの腕前も凄く、実際にエージシュートを2回達成してギネス認定されたし、関西シニアで優勝したこともある。
政木さんが長年工作センター長を勤めた大阪大学の名誉教授で、情報通信の分野で著名な人に政木さんについて聞いたことがある。「政木和三さんを知ってますか?」と訊ねると、彼は「政木は親友だ」と言う。そして、「あいつの話は、私は多分、半分も信じていない。しかし、彼は嘘をつく男ではない」という不思議な返事をした。

政木さんは、自分が発明した「神経波磁力線発生器」について、講演で「いかなる病気も治る」と宣言した。薬事法違反であろう(笑)。
ところが、私は、叔父が末期の胃がんで、余命1ヶ月と宣告されていた友人にこの話をしたら、その友人は「もう最後だ。できることはなんでもしてやりたい。」と、この装置を購入し、病院の叔父に渡した。その叔父も、可愛い甥っ子の気持ちを汲み、早速使った。
すると、ほとんど何も食べなくなり、強度の便秘で悩んでいた叔父が、10分で大量の排便があり、病院を抜け出し、喫茶店でスパゲッティを食べた。これは奇跡的な出来事だった。
数日後のレントゲン検査では癌が消えており、医者は首をひねった。医者は「放射線が効いたのだろう」と言うが、私の友人は意地悪く「アンタの誤診じゃないの?」とからかったそうだ(こらこら)。余命1ヶ月のはずの彼の叔父は、3ヵ月後に退院した。
尚、この友人は国大の化学科出身の頭の堅い役人で、普段ならこんな装置は馬鹿にする男である。その彼の報告であるから、信憑性は高い。

私は政木さんの研究室も何度か訪れた。
会社の正門から近い場所にある彼の研究室は、決して豪華でも広くもないが、作りかけの試作品や計測器が溢れ、それでいて雑然とはしていない。
2002年に亡くなった彼の開発した製品は、今でもその企業から販売されている。アマゾンで買えるものもある。
政木さんは、確かに本人が言うとおり、頑固な面もまだ残っていたと思う。しかし、素晴らしい人柄であった。私1人相手にする時も尊大ではなく、柔和な態度で謙虚だった。
また、80を過ぎているのに、若者と変わらない軽やかさで階段を駆け登った。
政木さんの研究室を訪れ、お昼になり、昼食のために会社の前のホテルのレストランに入った。政木さんは「私は自分で注文したことはないのです。ここに座っていたら、適当に何か作ってくれるのです」と言う。その言葉通り、自動的に素晴らしい寿司とお吸い物が運ばれてきた。

その中で、政木さんには、願望を成就する方法や、能力を向上させる方法や、いろいろ珍しいことを教えてもらった。そこらの書籍によくあるいかがわしいものとは真逆なものであった。さらに、おそろしいことを聞いたが、内容は内緒だ(笑)。

常識はずれなスケールの大きな話をする人だったが、決して非常識ではなかった。頭の回転は恐ろしく速く、質問する前に答えるような人だった。
また、政木さんの思い出は良いものばかりである。
政木さんには形見を貰った。私がほとんど不意に、「横尾忠則さんをご存知ですか?」と聞くと(私はなぜか、政木さんに逢う日の朝から、横尾さんが気になっていた)、政木さんが黙ってある方向の壁を見た。そこには、見事な政木さんの肖像画があり、「横尾忠則」と銘が入っていた。そして、政木さんは、その絵はくれなかったが(笑)、横尾忠則さんが壮丁を手がけ、既に絶版になっていた政木さんの著書「精神文明と奇跡」を私にくれたのだ。

政木さんをトンデモさん扱いする人の言い分も分からないでもない。しかし、彼らの主張を裏付ける何らかの決定的な証拠を見たこともない。
いずれにせよ、どうでも良いことである。政木さん自身、自分を欠点の多い人間と言っていた。良い面、悪い面は誰にでもあろう。

|

« オピネルに萌える | Main | 銃刀法で笑う »

Comments

『政木和三さん』
調べました、、
同じ兵庫県出身なのに名前しか存じておりませんでした。
あなたのこの話を4人の方にしたので、
今は、メモがなくても話せます。
政木和三さんのことも少々なら知ったかぶりも出来ます。
いくら調べても直接に政木和三さんにお会いしたあなたには敵わない。
「精神文明と奇跡」を読んでみたいものです。
この本、、現在は高値がついているようで、
中古本も手にはいりません、、
政木フーチ・パターンによる測定、、興味津々です、、、

Posted by: 華文字 | 2007.07.20 12:37 AM

政木さんの本は、まだ入手可能なものもあると思います。
政木さん発明の頭の良くなる装置はかなり試し(笑)、いろんな方々にも購入いただいたことがあります。今、アホな甥っ子が使っています^^;
政木さんのおかげで、直径30センチのオパールで、なんと半分が動物(恐竜?)の糞の化石という珍しいものを見ることができました。
あの人のすごい話は、見たものだけでも数知れません。
やっぱり偉い人だったのかもしれない・・・^^;

Posted by: Kay | 2007.07.20 05:23 PM

こんにちは。政木さんの本を何冊か読んだ者です。神経波磁力線発生器はバイオイーザーとして売られていますが効力は同じなのでしょうか?色々とあったようですが。

Posted by: whitehole | 2008.01.06 01:08 PM

★whiteholeさん

こんにちは。
バイオイーザーのことは知ってはいますが、使ったことはありません。よって、良いかどうかは全く分かりません。

こんなサイトがあります。
http://www5.ocn.ne.jp/~nikko.t/index1.html
内緒ですが、この方はよく知っています。
これによると、バイオイーザーは良くないようです。
神経波磁力線発生器が医療機器認定されず、バイオイーザーのみ認定されたというのは確かに変と思います。

Posted by: Kay | 2008.01.06 10:04 PM

こんにちは。はじめてコメントさせて頂きます。

つい最近 政木さんを知る機会があり本を読みました。
お亡くなりになっていることをこのブログで知って残念に思います。
政木さんは生前、講演会など行っていたとのことですが、現在それを引き継いで活動されている方がいらっしゃったら教えていただけませんか?(どんな些細な情報でもかまいませんので。)

Posted by: 安藤和美 | 2009.09.14 12:24 PM

★安藤和美さん
はじめまして。
政木さんと同じ読みのお名前な上、よく聞くお名前だということは置いておいて・・・。

ご質問の件ですが、残念ながらよく分かりません。
多分、何かの活動として、政木さんの教えを広めようとする方は、政木さんがご存命の頃からすら、なかったと思います。政木さんは、ご自分で、1年に300回も講演をして話されていましたのでね。
逆に、政木さんが亡くなられてから、その名前を利用した、あまり好ましくない商売や、それに関連したゴタゴタが出てきてしまっているようです。
個人的には、船井幸雄さんなどは、政木さんのことを今後語らないで欲しいと思っています。
政木さんの教えを謙虚に聞いていた人たちは、その胸の中で、教えを温めていると思います。

Posted by: Kay | 2009.09.14 09:59 PM

そうなんですか…
そうですよね、こうゆう事って、言い方良くないですけど捉え方や扱い方、色々ありそうですもんね。。。
本を読むだけじゃなくお話も聞ければと思ったんですが無理なようなので、うまく自分の中で消化できるよう努力してみます。

ありがとうございましたm(_ _)m

Posted by: 安藤和美 | 2009.09.14 11:11 PM

★安藤和美さん
確かに、直接お話を伺うことの有り難さは実感していますが、著書の中に、教えは十分に書かれていると思います。
ただし、政木さんご自身の著書でない本については、政木さんから、読むなと言われたものもあります。例えば、創工能力開発研究所の本です。

Posted by: Kay | 2009.09.15 06:29 AM

はい 気をつけます。アドバイスありがとうございます☆

Posted by: 安藤和美 | 2009.09.15 11:59 AM

政木和三の死の真相。政権交代でもうすぐ解決しそうです。
国民・民主党・マスコミ・5人組(主犯、共犯、犯人隠匿) 各位

万病(政・官)に効く特効薬・・・透明化(情報公開)

自公政権の闇、医療の利権化・・・国民殺してなんぼ(数千人の間接殺人)?
健康器具として販売するよう指導。効果があり売れ過ぎると(3万台)薬事法違反
(近代化の恩人、発明品は100兆を超える。発明者他4名憤りで死亡)。裁判官
の勧め「世の為人の為と言えない事は無い、許可を取りなさい」。申請すると
「私らは調査したところ・・・で、どうにでもできる」。犯罪を宣言、大臣印を黄
門の印籠として実行。・・・政治案件(坂口元厚労大臣⇔鈴木元環境大臣)
刑法156条。行使の目的で・・・虚偽の文書を作成し「許可済の偽物の波形(複雑・
二重パルス・60Hz)を記載ししかも不許可、申請品は(単純・一重パルス・50HZ)。」
他に薬事法・法令違反、妨害用の告示118号、JIST2006(不可能)まで作る。
行政不服審査法、情報公開法で追究するも 公文書虚偽記載8年で100回以上。
◎厚労省・・・審査管理室(主犯)。医薬情報室・法令審査室・麻薬対策室「第二係
長が犯罪を公文書で確認」・行政相談室・情報公開文書室(共犯)・・・
大臣、事務次官、大臣官房長、局長は無視。実行犯は幹部に・・・
◎不正を正す役割の組織・・・法を弄ぶ。(行政110番も大臣印は動かない)
 ・内閣府情報公開審査会・・・さしたる理由(国民の命でも)がない、共犯36回。
 ・司法・・・地検(神戸・東京)、最高検・・・お仲間は裁かない(29回目の告訴中)
 ・議員・・・舛添(露木)「舛添を告訴しろ」、赤松(小谷)「一喝された」。・・・
 ・マスコミ・・・週刊誌、新聞社、報道テレビ番組、コメンテーター・・・そろそろですね!

国民に真実を知ってもらうべく 1、心と体、犯罪の詳細な自白内容を記載した
公文書「民が国を変る222頁」を3万人に配布。2、長妻厚労大臣他民主党幹部
に報告。政権交代後の大臣印使用判断を確認する為に総理、厚労、法務大臣、
知事宛「イ、平21年6月16日行政不作為異議申立(犯罪を正しなさい、未回答)。
ロ、平21年10月1日行政文書開示請求(不正を正さない特権を記載した公文書)」
「10年近くの実刑」は求めていません「悔い改め法を守らせて」下さい。
予防医療「病は気から・心から見た各臓器、器官の意味とそこに生じる病について」を国として検証。病のない世で年間50兆の経費節減。

※こんな場合あなたなら・・・ご意見頂ければ幸いです。「共苦共感」
URL:http://www5.ocn.ne.jp/~nikko.t/ E-mail yasuragi@eos.ocn.ne.jp
TEL 079-253-2456 FAX 079-253-5767 平成21年10月15日 山田俊郎

Posted by: 山田 俊郎 | 2009.10.14 01:34 PM

★山田俊郎さん
貴殿の理想や純真さには敬服いたしますが、そんなやり方では成就は難しいと思います。

Posted by: Kay | 2009.10.15 06:20 AM

生前の政木先生

お世話になった日々...

懐かしい時代が蘇って参りました。

有難う御座います!

Posted by: marisco | 2010.09.05 11:38 PM

★mariscoさん
私にも、政木先生の思い出は素晴らしいもので、いろいろと思い出すことがよくあります。

Posted by: Kay | 2010.09.06 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政木和三さんの思い出:

« オピネルに萌える | Main | 銃刀法で笑う »