« 悩みをぶっ飛ばすには | Main | 敵の殺し方、生かし方 »

2007.07.02

最悪への対処

最悪な状況に陥っている人に相談を受けたらどうするであろうか?
また、自分が最悪の状況になったらどうするであろうか?

人気小説「灼眼のシャナ」(高橋弥七郎著)で、高校1年生の坂井悠二は、自分が最悪の状況になっていることを知る。
(この最悪の状況とは、説明しにくいが、要は、後わずかの期間で悠二が消えてなくなる)
そこに現れた、見掛けが11~12歳の少女は、ただその事実を淡々と悠二に告げ(半分面倒臭そうに)、悠二が少しでも希望的観測をすると、少女は即座にきっぱり否定する。
少女は、一切の同情、慰め、哀れみの様子を見せない。
だが、悠二は、自分でも気付かず、そんな少女に好意を感じ始める。

1999年に人類が滅亡しなかったせいか、評価が落ちたかもしれないノストラダムス研究家の五島勉(ごとうべん)氏の「死活の書」というのを昔読んだことがある。
竹村健一氏や舛添要一氏が推薦文を書いていた。
1994年、バルト海でのエストニア号遭難の際、駆けつけた家族に対し、ボランティア(非常に素晴らしく組織されている)の人たちは家族に言う。「おそらく絶望でしょう。遺体も上がらないに違いない」。なんとも冷酷な宣言であるが、家族達には最善であった。このボランティアだって、重い経験から、それが良いことを知っていたのだ。
「アメリカでは撃たれると思え、ヨーロッパではレイプされると思え」と五島勉氏は当たり前のことを当たり前に書く。
私は五島氏のノストラダムスやエドガー・ケイシーに関する本は、正直あまり信じてはいない。しかし、この本は素晴らしい本だ。毎日、下らない本が大量に出版され、こんな良い本が絶版になるなんて、なんと勿体無く、なんと日本の出版界は愚かなのであろう。

|

« 悩みをぶっ飛ばすには | Main | 敵の殺し方、生かし方 »

Comments

あなたっていう人は、、、、ほんまに、、、
『だが、華文字は、自分でも気付かず、そんなkayに好意を感じ始める』ってか、、、
ううむ、、死活の書、、読んでみたかった、、

Posted by: 華文字 | 2007.07.02 08:41 AM

まあ、実際に不幸な人から相談を受けたら、
「冬には冬の過ごし方があるよ」
とか言ってそうな気がします^^;

私に好意・・・ポッ(*^^*)
や、やっぱり私ってきゅ~とっスからねvv

Posted by: Kay | 2007.07.02 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最悪への対処:

« 悩みをぶっ飛ばすには | Main | 敵の殺し方、生かし方 »