« 無垢な心 | Main | 政木和三さんの思い出 »

2007.07.16

オピネルに萌える

元レーソングドライバーで、自動車評論家の徳大寺有恒氏の本を見たことがあるが、やはり車好きらしく、これはという車を求めて、次々に乗り換えたらしい。
おそらくは超高級車も沢山乗ったと思うが、彼がついに気に入ったのが、ドイツのゴルフという大衆車だったというのが面白かった。ただ、これはかなり昔の話と思う。
ゴルフというのは、日本で言うならカローラである。ただし、同じ大衆車でも全く違うらしい。徳大寺氏はゴルフは気に入っても、カローラを気に入ったとは思えない。
ところで、私は車自体にはさほどの思い入れもなかったので、徳大寺氏が30年も続けた歴史的著作「間違いだらけのクルマ選び」(2006年で終了)は面白かったがあまり役立てなかった。だから今はマークツーなんかに乗っているのだ(笑)。

レベルは異なるが、私は少し前からナイフの収集をしている。
数々のフォールディングナイフ、シースナイフ、和式狩猟刀等や渓流刀・・・大きさも、ポケットナイフから、ちょっとヤバ気な刃体のものまで買ってみた。
あくまで実用品として見ていたので、あまり高価なもの(数十万円)は興味がなかったが、数万円程度のものはかなり買った。
ところが、最後に気に入ったのは、なんのことはない。1本2千円(大抵は千円ちょいで売っている)のフランスのオピネルだった。私はフォールディングナイフ(折りたたみ式ナイフ)はあまり好きでないに関わらず、これもフォールディングナイフである。

Opinel

そのシンプルな構造から、安物と言うなら、そう言えないことはない。しかし、超高級ナイフと比べて何か不都合があるかというと、全くない。美麗とは言えないかもしれないが、外観(ハンドルもブレードも)も実に気に入っている。
通常のフォールディングナイフは、刃を引き出すと自動でロックがかかるものが多い。そこで、ロック解除ボタンを押して刃を収めるのである。このオピネルの場合、あまりロックは必要ないと思うが、閉じた状態、刃を出した状態のいずれでもロックを掛けられるが、ロックボタンなんて洒落たものではない。単に柄の部分のリングをぐりっと回すのである。
ハンドルはブナの天然木だが、これも気に入っている。普通のフォールディングナイフのように平べったくはなく丸いが、これがなんとも握りやすい。
ブレードの形も、別に格好が売り物のナイフではないと思うが、それでもとても良い。刃の材質は炭素鋼が一般的だが、現在はステンレス(イノックス鋼)のものもある。ステンレスは錆び難いので便利だ。切れ味では炭素鋼の方が良いが、木彫りでもしない限り、普通は分からないと思う。

オピネルは100年以上前から、フランス庶民の生活に溶け込んだ大衆ナイフである。フランス人は、これでパンや果物や、あるいは肉を切る。
大きさも、2番(刀長35ミリ)から12番(同120ミリ)まであり、日常用途なら何でも合うものがある。
私が上記で、1本千円ちょいと書いたのは、写真の刃長85ミリ(No.8)のものだ。

このオピネル、「フランスの肥後守」と呼ばれることもあるらしい。日本の大衆ナイフといえば肥後守である。だが、いかに庶民ナイフということが共通でも、コンセプトは全く異なると思う。生活様式の違いもある。例えば、日本の食事は箸があれば十分で、パンやステーキのような、切ってから食べるというものがない。刃物を使うのは料理人だけである。
肥後守は、ブレードのロックどころか、親指でチキリと呼ばれる部分を押さえて使わないといけない。ハンドルは、単に刃を収めるために必要な最小限の形状に留めた金属製で、基本的に刃が勝手に開くことも防止されない。
だからといって、そんなに使い難いわけでもない。むしろ、オピネル以上の簡素さでナイフを作った潔さは大したもので、このシンプルさを好む者もいると思う。
オピネルも肥後守も絶対に武器としては作られていない。だが、ブレードロック可能なオピネルはその気になれば武器になってしまう。まあ、肥後守も、日本の伝統に従い、チキリをハンドルと紐かテープで巻けば武器になる・・・なんてことを考えてはいけない^^;
私は肥後守の良さが理解できていないかもしれない。価格はオピネルも肥後守も大して違わない。
やはりナイフは使い倒してこそのものである。
ただし、オピネルも肥後守も、1本を大切に何十年も使っている方も珍しくはなく、決して耐久性のないナイフではないと思う。

尚、私はもう1つ気に入ったナイフがある。スイスのビクトリノックスである。こちらも安価だが、オピネルとも全くコンセプトの違うものである。いずれ紹介する。

|

« 無垢な心 | Main | 政木和三さんの思い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オピネルに萌える:

« 無垢な心 | Main | 政木和三さんの思い出 »