« 自己覚醒の方法。完全無料(笑) | Main | 滅びの予感 »

2007.06.28

荘子

中国の賢者といえば、表向きには孔子が代表格で、孔子の言葉を編集した「論語」を座右の書とする人が著名人にも多い。
荘子は、孔子より百年ほど後の人物とも言われるが、いかにも学問の人であり、仁義礼知信を重んじた孔子とはかなり異なる。「荘子」の中には、明らかに孔子を揶揄する文章もあるが、逆に孔子を最大に評価する部分もある。
尚、「論語」は孔子自ら著したものではないが、「荘子」は荘子(荘周)の著作である。
「荘子」は膨大な書物であり、「内編」「外編」「雑編」に分類される。ただ、おそらくは、「内編」が荘子自らの手によるもので、「外編」「雑編」の多くは弟子など、後の人によって追加されたものであると思われる(異論もある)。「内編」だけであれば、1冊に収まる。
尚、邱永漢氏は、著書「私の荘子」(絶版と思う)の中で、孔子を含めた中国の古代賢者達の中で、荘子が一番知能指数が高いと思うと書いておられたのが面白い。
荘子の教えを一言で言うと、「なりゆきにまかせ、作為をするな」である。
なな、なんとである(笑)。
言い直せば、「ただ流れに身を任せよ」である。
さらに、「価値判断をするな」とある。分別もいかんとある。役に立つものになろうとするなとも・・・(笑)。
まさに、投げやりな人生、受身一方の人生を薦めるがごとしである。
しかし、「荘子」は実に奥深く面白い書である。
先にあげた邱永漢氏や竹村健一氏も、中国諸賢者の中で、おそらくは荘子が一番お気に入りのように感じる。

実際、「荘子」は本物である。
そして、私も荘子は天才というか、超人的な洞察力を持っていたことは間違いないと思う。
今でこそ、精神分析学や脳機能科学の助けを借り、膨大な数の優秀な方々の考え方を参考にすれば、私にだって荘子が言うことは分かる。
しかし、2千数百年も前に、なぜこのような真理を悟れたかは不可思議だ。

さて、荘子は「作為をするな」「役に立つな」「知を働かせるな」「価値判断するな」を繰り返す。しかし、「荘子」に登場する賢者達は、時には結構働いている。良いことを教えてもいる。
勝手に付け加えるなら、いかに「作為」を捨てても、人は何もしないわけではない。また、いろいろな出来事は勝手に起こる。
それで良いのである。ものごとは起こるままに任せれば良い。そして、何をしても良いが、自分が行為者であると思ってはならない。
このあたりが難しいところである。
例えば、犯罪を犯しておいて、「私が行為者ではない。何かが起こさせたのだ」と言って良いのであろうか?
実は良いのである。科学的にも正しいと思う。
犯罪者が犯罪を犯すのは不可避であった。これについて、犯罪者の生まれ育ちを調べれば、ある程度は納得すると思う。
では、生まれ育ちが悪ければ、その者はだめなのか?
そうとも言えるし、そうでないとも言える。犯罪者は、いかに更生施設に入り教育されようとも犯罪を繰り返す傾向が大きいことはご存知と思う。
そんな者に、自分が行為者ではないと言うと、いよいよ好き勝手に悪いことをすまいか?
しかし、行為者でないことが本当に理解できれば、犯罪を起こす必要がなくなる。よって素行が改まる可能性が高い。
それどころか、自分が行為者でないことが分かれば、悟りに至る道に入ったと言える。
ラマナ・マハルシと以下のような対話をした者がいる。
「彼は、日々の仕事を熱意と責任感を持って遂行しているように見えるかもしれない。また、偉大な仕事を成し遂げようとしている者がいるかもしれない。しかし、彼は実際には何もしていない。行為は、行為者であるという自覚を持って行わなければいけないという決まりはない」
「それではまるで夢遊病です」
「その通りだ」

では、勉強や、その他の訓練に身の入らない子供はどうすべきであろうか?
私は、放っておくしかないと思う。
もし、その者の傾向性が掴めるなら、向いたことをやらせても良いだろう。
しかし、放っておいても何かが起こるものだ。
その者をどうこうしようと思う者すら、実は自分が何をしているか分からないものなのだ。
なりゆきにまかせるのが一番である。

|

« 自己覚醒の方法。完全無料(笑) | Main | 滅びの予感 »

Comments

初めまして。
すごいブログですね!まださわりしか四間あせていただいておりませんが、管理人様の知識量や高い思考力が伺えます。私も半分くらいしか理解できていないと思います。
一つ質問なのですが、壮子の題に書かれているブログでは、流れに身を任せ、自分の自発的な意欲に任せるというものですよね?ニートの項ではニートはよくないと言われていますが、この二つを交えて考えると、ニート自身も自己の自発的な意欲に任せるのがいいのでしょうか。それとも幼い頃からの教育を受け直させるべきなのでしょうか?

Posted by: ニートと壮子 | 2008.03.30 11:14 AM

★ニートと壮子さん
はじめまして。
もったいなきお言葉、恐縮です^^;

ニートもいろんな人がいますからね。一言で、こうすれば良いというものはないと思います。
いずれにせよ、ニートはニートで、やはり独自の人生経験があるわけですし、現状を否定する必要もないと思います。
荘子では「なりゆきにまかせ、無為自然であれ」と言いますが、つまるところ、落ち着くこと、心を静かにすることかと思いますが、そのためには、無用なものを求めないことと思います。ただ、言葉で言うと、いろいろ解釈の多様さとか何とかでうまく伝わらないと思います。
私としては、回りの対応も大切と思います。

Posted by: Kay | 2008.03.30 09:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 荘子:

« 自己覚醒の方法。完全無料(笑) | Main | 滅びの予感 »