« 宇宙人が存在するかと尋ねる愚かしさ | Main | 天使と悪魔の賭け »

2007.06.02

ランキングに支配された国

いろんなランキングが作られ発表される。
「一番見たい映画ランキング」「卒業の歌ランキング」「お嫁さんにしたいタレントランキング」
オンライン書籍販売のAmazonサイトに行くと、書籍、CD、DVDなどの売れ筋ランキングや、「最もクリックされている商品」ランキングが出てくる。また、何かの商品をクリックしたら、「この商品を買った人はこれも買っています」と別商品の紹介が出る。
「売れ筋ランキング」は良い情報かというと、よく売れる商品はロクでもないものだと相場は決まっているので、自分が購入する際の参考ではなく、世間の一事的な流行程度に認識するならそう言えるかもしれない。

ランキングの扱いを見ると、まさに洗脳大国ニッポンである。日本はランキングに支配された国である。
これは学校教育の成果である。「みんながこうしているから、お前もそうしろ」「ものごとの価値は、お前が考えなくても既に決まっている」が義務教育の基本指導方針である。
私なら、他人が何の映画を見たがっているかや、誰をお嫁さんにしたがっているか、どんな商品に興味を持っているかなど、何の関心もない。
たまたま私と同じ商品を買った人が、他に何を買ったのかなど、知ったことではない。

他人の動向が気になり、疑いもせず大勢に従い、次々に欲しがり消費する。テレビアナウンサーや大起業のPRを無思慮に受け入れ、自発的には何にも興味がない。
これはアメリカの義務教育の当初からの目的で、その教育制度を受継いだ日本人もロボット化したとする意見に私も賛成せざるを得ないが、日本人を支配するのは、日本の支配層ではなく、アメリカ政府やアメリカの大企業かもしれない。

|

« 宇宙人が存在するかと尋ねる愚かしさ | Main | 天使と悪魔の賭け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ランキングに支配された国:

« 宇宙人が存在するかと尋ねる愚かしさ | Main | 天使と悪魔の賭け »