« 自信の美徳 | Main | ランキングに支配された国 »

2007.05.31

宇宙人が存在するかと尋ねる愚かしさ

(知的な)宇宙人が存在するかどうかより、一般的にはこの議論に意味がないことを知る方が良いことである。
宇宙人が存在しないと考える人の中には、「いるんなら、来ているはず(だが見たことがない)」と言う人もかなり多いらしいが、こんな人は宇宙の大きさというものを捕えそこなっている。
丁度、地図というものを知らない未開人が、初めて世界地図を見せられ、アフリカからアメリカまで泳いで行こうと考えるようなものだ。
宇宙の大きさ、太陽系近隣の恒星までの距離の概念を、例えば地球の直径を1センチとすると、太陽に最も近い太陽系ですら3万キロ(地球の直径の倍以上)の彼方というように考えれば良いかもしれない。そして、ほとんど全ての人が、地球の直径という大きさすら見当が付かないが、それは想像するよりはるかに大きい。
地表から数百キロ離れたらどんな状態かすら、実際にはほとんど誰も知らないのに、他の惑星のことを想像しても仕方がない。さらに、生命の誕生なんて、生物学者ですら、本当は大したことは知らないのだ。
これらから、普通の人に「宇宙人が存在すると思うか?」と聞くことに何の意味もないことが分かる。せいぜいが、SFや風説でしかないUFOや宇宙人の知識を基に考えるのであるから、その考えなど、本当にどうでも良いことである。

|

« 自信の美徳 | Main | ランキングに支配された国 »

Comments

うっふふふ、、、宇宙人・Kay殿、、、何を言う、、、
早く、、その正体を、、顕すのだ、、、

ワタクシ、デビッド・カッパーフィールド(David Copperfield)の
マジックショーを初めて見に行った時、、
この人は、、宇宙人かもしれないと、、ド肝を抜かれました。

宇宙生命体、、、知っている事以外は、「謎」ですな~。
(まぁ~何一つ、、知らない、、お茶目な私です、、)

Posted by: 華文字 | 2007.06.01 at 05:33 AM

宇宙人顕現といえば、やはり「もっもっも」と笑いながらバルタン星人になるという・・・(古・・・^^;)
バルタン星人は2本指で、必然的に2進法。よって、バルタン星ではコンピュータが発達しました(笑)。
ちなみに、以前、ゼータ・レチクル星人を宣言してましたね、私。。。

カッパーフィールドさんちのデビッドくんは凄いですね。
ただ、我が家では、彼を「妖怪の親戚」と分類しております(何)。
年をとって、さらに渋さが増してきたように思います。
ただ、大マジックって、タネを明かすと、ホント、アホみたいなのが多いですよ(笑)。
アメリカでは、史上最大のマジシャンといえば、いまでもハリー・フーディーニかもしれません。彼が言ってました。「実際にやることが大事なのではない。本当にやったと思い込ませることが大事なのだ」まさに、マジックの真髄かと思います。
私は、ディケンズの「デイヴィッド・コパフィールド」はまだ読んでおりません。

Posted by: Kay | 2007.06.01 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/15230321

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙人が存在するかと尋ねる愚かしさ:

« 自信の美徳 | Main | ランキングに支配された国 »