« 老人 | Main | 芸術は省略だ »

2007.05.08

ツンデレ道

これに気付かないと「超鈍感」と言われかねない。
教室や職場で、女の子が男の子にいじめスレスレのような嫌がらせや、まるで子供じみた迷惑な行為を執拗に繰り返す場合、その女の子は、その男の子のことが好きだと思って、まあ間違いない。
ただ、男の子の方はこれにほとんど気がつかない。むしろ、嫌われていると思う可能性が高い。本当は男の子が気付いてあげないと、女の子が可哀想ではあるが、男の子とは根本的に鈍感なものである。そうでないと、間違いが大量に起こることになるのだが(笑)。
こういったアプローチを取る女の子は子供っぼく、勝ち気で、あまり恋愛慣れしていない部類に入るだろう。
だが、そう言われても、幸いにその女の子が男の子の好みのタイブであれば、男の子にとって嬉しいことだろうが、そうでないと、特にうまくいかないことになる。
女の子のこのようなアプローチは、せいぜいが高校生までのものだろうが、可愛い子なら、二十歳を少々過ぎていても、傍目には可愛いものである。

今流行のツンデレとは、このようなケースを指すと思う。
ただ、女の子の方に、ツンツンしてても男の子を惹きつける魅力がないと、全く成就しないといって間違いない。
男の子の方が先にアプローチしてきた場合なら、男の子を試す上では良いことだ。しかしこれは、男の子の方が、女の子の設定したハードルをクリアしない限り捨てる覚悟があればの話である。
いずれにせよ、ツンデレの道は実は険しい。ハッピーエンドとなれば、実に良い体験となろうが、いわば戦いの道でもある。

|

« 老人 | Main | 芸術は省略だ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ツンデレ道:

« 老人 | Main | 芸術は省略だ »