« 自己嫌悪は不要である | Main | 宇宙プログラム »

2007.05.21

誤解されている「信じる」の意味

「自分以外は皆師」などと言う言葉がある。
とんでもない話で、こんなことを考えていたら、カルト宗教に騙され、テレビコマーシャルに煽られ、学校では完璧な馬鹿に教育されるであろう。
可愛い女の子なら、何されるか分かったものではない。いや、必ず何かされるであろう。

かと思えば、デカルトは「方法叙説」の中で、「珍奇な学問ですら役に立った」と書いているが、「珍奇な学問」とは、占いやオカルトの類であるらしい。
だが、デカルトは、この「方法叙説」でも、「単に真らしく見えるものは全て虚偽とする」という思索のルールを書いていたことから考え、もともとデカルトには批判精神があったから言えたことであろう。

私も、実に多くのものに騙された。ただ、現在は、それらを否定していたり、控えめに言っても、判断を保留しているものがほとんどだ。列挙すると、
・ジョセフ・マーフィーの成功法則(否定・破棄)
・船井幸雄(否定・破棄)
・ナポレオン・ヒル(批判的・破棄)
・超越瞑想(批判的・破棄)
・ダイアネティックス(批判的・保留)
・NLP(批判的・破棄)
・唯幻論(批判的・保留)
であるが、これらは、そのごく一部で、ざっとこの20倍はあると思う。思えば暇だった(笑)。
福永法源など、法で裁かれたものは省いたが、福永法源の本を真面目に読んでいた時期もある(笑)。
船井幸雄など、一頃は心酔していたが、ある時に完璧に目が覚め、一時的には嫌悪の対象であった(今は単に「アホらし」と思っている)。
しかし、これらに取り組んだことは、実に役に立ったのである。

私は、これらに騙されながら、なぜ今では完全に捨て去ることができ、しかも有益なものに転換できたかというと、、幸運にも、実に素晴らしい特性を有していたからだ。
その特性は、もちろん学校で教えられたわけではない。真面目に学校で学んでいれば、これらに致命的に洗脳されることになる。また、その特性を誰かに教わったわけでもない。
その特性とは、「信じる」という言葉の解釈である。この言葉の解釈は、学校で学んだ者全員が間違えているはずで、それは不幸を呼ぶ。
学校では、学校や教師や国の教育制度やその指針を無分別に信じろという、なんとも馬鹿げたことを強要される。
「信じる」という言葉の正しくも優れた解釈とは「試してみる決意をする」ことなのである。これは、誰も教わらなかったはずだ。しかし、これを知っていれば、どこで何を学んでも、それは有益なものに変換されるのである。

私は、様々なことを信じたが、それは単に、試してみる決意をしただけであり、無分別に信じたわけではない。また、無分別に信じることを強要するものは全部偽者と断じた。もちろん、学校もである。
「私を信じろ」という言葉は単に「試してごらん」という意味だ。
もちろん、試してみることに多少の危険があったり、お金がかかることはある。しかし、たかが試して見ることに、それほどの危険やお金は必要ない。相応の危険が回避できる実力があれば、ある程度の危険を慎重に試しても良いし、百万円なら惜しくないほどの収入があれば、そのくらい使っても良い。しかし、無理はいけない。このあたりの分別は忘れてはならない。

この、「信じる」という言葉の真の意味を知ったおかげで、私には何でも役に立った。
嘘だらけの中にも、少しは真理が含まれることもある。さらに、あまりにひどい嘘は、かえって真理を知るのに有益なこともある。
ということで、私を信じて欲しい(笑)。

|

« 自己嫌悪は不要である | Main | 宇宙プログラム »

Comments

うむ、、、もっとあなたを信じて、
PCの不具合に手を加えなければ壊すことも、なかっただろうに、、
反省しております。
、、ブログ画面、随分スッキリしましたね。

Posted by: 華文字 | 2007.05.22 07:44 AM

旦那様のまでおかしくなったということは、ルーターが原因かなあ・・・。
いやあ、沢山の、無駄なアドヴァイス(こらこら)がありましたね^^;
まあ、私もお役に立てなかったですけどね^^;;
ついに、全てのランキングをやめ、また~りといこうと思います。
インザちゃんを信じるのだ!

Posted by: Kay | 2007.05.22 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 誤解されている「信じる」の意味:

« 自己嫌悪は不要である | Main | 宇宙プログラム »