« 反逆と秘法 | Main | ゴブレット »

2007.05.15

水木しげると岡本太郎

「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる妖怪漫画家、水木しげる氏の漫画作品「総員玉砕せよ! 」(講談社)を読んだ。
ほぼ実話と言われる戦争漫画である。実際、妙な自然さというか、リアリティを感じた。
昭和20年、南太平洋・ニューブリテン島に派遣された日本兵の物語だ。
この中で、日本兵の日常も当然描かれている。
戦闘のない日も、兵隊達は土木作業はじめ、あらゆる労働を行うが、当然、若い兵隊ほどこき使われることになる。
1日の重労働が終わり、やっと休めるという時に、初年兵の招集がかかる。上官のしごき、とはいっても、殴られるのである。この漫画では、平手打ちがほとんどだったが、もちろん楽ではないし、態度の悪い兵隊は棒でも殴る。
これが毎日のように行われる。非道であることは間違いないが、上官の気晴らしというよりは、若い兵隊を服従させ、神経を図太くする効果は確かにあるだろう。
岡本太郎が、フランス留学から帰国した30歳の時、中国に18、9歳の青年兵と共に二等兵として派遣されたことがあるが、若い兵士と一緒の訓練はさすがにきつかったらしい。
そして、夜になると、やはり下の兵隊は上官に呼び出され、殴りまくられたそうだ。その時、岡本太郎は必ず4番目に行くことにしたらしい。その意味が分かるだろうか?殴る方は、4番目が一番調子が出るのである。身体があたたまり、心もエキサイトしてくる。これが5番、6番となると、殴るのに疲れたり、手も痛くなるので加減してくる。やはり4番目が一番効くのだ。その4番をあえて岡本太郎は志願したというのだ。

水木しげる氏は実際に21歳でニューブリテン島に出兵し、左腕を失っている。マラリアでうなされている時に敵襲を受けて左腕を負傷し、治療設備もなく、麻酔もなしで切断したそうだ。
尚、「ゲゲゲの鬼太郎」のヒーロー鬼太郎は1959年に初めて「幽霊一家」という作品で登場し、1965年に「墓場の鬼太郎」で登場するも、さっぱり人気が出なかった。しかし、1967年から人気が出始め、1968年にアニメ化されるまでにヒットする。
水木しげる氏は、養老孟司氏との対談書で、65歳から、妖怪を描くのが楽しくなってきたと言っておられた。妖怪を描くと無意識になり、精霊のようなものを感じるようなことも言われていたと思う。妖怪に人生を捧げた水木しげる氏らしい。

|

« 反逆と秘法 | Main | ゴブレット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水木しげると岡本太郎:

« 反逆と秘法 | Main | ゴブレット »