« 芸術は省略だ | Main | 大型連休の度に思うこと »

2007.05.11

援助交際は認めるべきである

私は、女子中高生の援助交際というか、大人の男性との交際はおおっぴらに出来るようにすれば良いと確信する。大人の男性に妻子があろうがどうでも良い。いうまでもなく、お付き合いの内容は当事者の問題だ。

援助交際する少女は、お金が欲しいのではない。それはあくまでおまけである(もちろん、素晴らしいおまけであろうが)。
彼女たちは、家庭でも学校でも居場所がないのである。つまり、家庭や学校で自己の価値を感じることができないのだ。
少女達の家庭は、裕福であったり、両親も普通であるかもしれないし、学校の成績も悪くないかもしれない。それでも、家庭や学校で自分がそこに居るだけの価値を見出せないのである。
昔であれば、不良グループの中で自分の居場所を見出そうとする場合もあったかもしれない。以前は、そこそこ中味のある不良もおり、そこへの参加で自分の価値を高めることもあったかもしれないが、現在の不良は、せいぜいが学校教師レベルである。不良や学校教師に認められても、自分の価値など向上しない。
しかし、一般の中年のおじさんは、学校教師やオタクやチンピラの不良よりはずっと大人であり、ちょっと怯えさせるような怖さもある。そのおじさんが、表面上は王女様のようにあがめてくれる。いや、おじさん達から見れば、彼女たちはまさに憧れの王女様、あるいは、女神様であるので、彼女達は自分の価値を実感としても感じることになる。おまけに、高級車と豪華な食事付きである。確かに道徳に反することをやっているという葛藤もあるかもしれないが、視点を変えればこう言える。少女達にとっては道徳や倫理の問題だが、おじさん達にとっては法の問題でもある。法を破り、裁かれる危険を負ってまで自分を求めてくれている。これが快感でなくて何であろう?

援助交際は、裏側で行われるのが問題である。表向きは法律で禁止することで、関係のない第3者の利益が絡む場合が多くなり、これは男性の方は仕方がないとしても、少女達への被害が発生する。
ごく普通におじさんが少女達にアプローチできるようにすれば、妙な業者は不要になる。

家庭や普段の場所で自分の居場所がある、即ち、自分の価値を見出せる少女は中年のおじさんなんかと付き合わないのである。
だが、自分の居場所がない少女が多い限り、援助交際は決してなくならない。
確かに良いことばかりではないだろうが、それならおじさんに尊ばれながら堂々と付き合う方が良い。いろいろ問題はあっても、唯一付き合える大人が、実際は中味において、とても大人とは言えない学校教師しかいないよりは、はるかにマシに違いない。
また、そうなってくると、彼女たちも立派な大人の男性を選んで付き合うようになるだろう。そして、金品の受け渡しみたいなことも必要なくなるかもしれない。
また、そうでもしない限り、家庭も学校も少しも改善されないであろう。

|

« 芸術は省略だ | Main | 大型連休の度に思うこと »

Comments

大人の定義は、時間と共に変わってくる。
現代の日本女性の考え方なら、
ノリが良くて、何でも自分の言う事を聞いてくれて、わがままを許してくれて、できればお金もちで、できれば背が高くて、さりげない優しさ(女性にとってのだが。)があって、怒らなくて、清潔感があって、常識があって、一緒にいて落ち着けて...以下略....

となる。そう言う時期の女性なら、一般的でポピュラー的で普通で平凡で最もな理由だ。問題は、まったく無い。

大人の男性とは即ち女性が決める。美しい女性とは即ち男性が決める。

その他は、大人のフリした"ガキ"な男か、単なる"自分を磨かず"他人の事を言うだけの女。である。

私はこう考える、大人な男性が増えないと死だ。
この言い方は、まずいが、何事にも一生懸命だったりする男性は輝いている。身勝手な判断だが、今時の男性は今時の女性の指標に届かない幼稚なだけだ。。つまり、やる気と言うのか、何事にも必死になれる男性が居ないと女性が行き場を無くす。(この考えは、男尊女卑的かもしれないが・・・。

結果的に革命が生まれ難くなり終わる。

私も含め欠点だらけの存在だから"生きている"男性の指標には届かない。むしろ"死んでいる。"

Posted by: fox | 2007.05.12 05:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 援助交際は認めるべきである:

« 芸術は省略だ | Main | 大型連休の度に思うこと »