« 心的エネルギー | Main | ツンデレ道 »

2007.05.07

老人

老人になりたい人はいないと思う。
しかし、誰でも老人になる。
なぜ老人になりたくないのか?
身体が弱くなり、活動範囲が制限されるからか?
日常生活には支障がなくとも、頭脳が衰え、新しい外国語や科学の勉強を始めることができなくなるからか?
人生の残り時間が少なくなるというのも確かだが、実際には子供ですら明日の命の保証はない。

私が思うに、素晴らしい老人を見ていないからだと思う。
確かに、外見は老人だが、中味は17歳のチンピラと変わらない老人が増えた。しかし、やはり素晴らしい老人はいる。しかし、そこに目がいかない。

最近、「ロッキー・ザ・ファイナル」という、実に下らない映画がヒットし、スタローンをまた大儲けさせている。
今時、60歳で老人とは言わないだろうが、なんで60歳にもなって身体を鍛え、現役世界チャンピオンとボクシングの試合をしないといけないのだ?
人々が、若者のやることにしか価値を感じられないほど知的に貧しいという現実を思い知らされる。
60歳なら、30歳や40歳にはできない、やるべきことがある。その価値は、ボクシングで世界王者になることにいささかも劣らない。いや、比較にならないほど凌駕するといって間違いあるまい。
ロッキーは、中味が30歳で止まった愚かな人間である。そして、作り話ならともかく、現実には60歳で現役ボクサーはやれない。
いい年をしてナイスバディを誇ることを煽るエステをはじめ、必要以上の美容を年配の女性に興味を持たせる営利活動も馬鹿げている。ある程度は必要かもしれないが、エステや化粧にいくらつぎ込んでも、若い男に興味を持たれることは1000パーセントないので安心するがいい。逆に気味悪い老女になるだけである(これらのテレビCMも、若い男性は気味悪がっているのだ)。女性も、50歳なら50歳。60歳なら60歳の良さがある。しかし、それは決して性的魅力でないことは言うまでもない。
中年や老人も、若者を無視しないのは良いが、媚びて真似る必要はない。

いずれは、英知と風格を備えた素晴らしい老人になりたいとなぜ思わないものか?
できれば、華麗でなくても、品質の高い必然的に高価な服を着、それが似合うようになりたいものだし、そのために、若い間によく働き、高収入になるように向上心を持つのも良いだろう。また、老人であっても、背筋がピンと伸び、貫禄ある立ち居振る舞いを自然に行えるよう、若いうちから節制し、ある程度身体を嫌えるのも良いことだ。
しかし、これらが得られなくとも、中味の輝きがあればなんら変わらないものだ。
おそらくは、若い時なんてあっという間。あまり先のことばかり考えても良くないし、現実には今にしか生きれないのであるが、まっとうな老人の良さに目を向けるのも悪くはないと思う。

|

« 心的エネルギー | Main | ツンデレ道 »

Comments

若者に道徳が無い。と言う大人はいくらでもいるが、大人の中で、見本になる大人は驚くほど居ない。見本を見せない大人をの話など誰が聞くのだろうか。

中学の教師は、言うべきでない発言をしていた。女子生徒の名前をあげて「あいつなら、金をやればヤレそうじゃん!!バカそうだし。」みたいな事を言っておきながら、生徒には厳しく、何か都合の悪い事があると怒鳴り上げたり殴る。自分に甘く他人に厳しいだけの大人が増えてきている。

大人としてのプライドや振舞い方、道徳を忘れたり、向上心を忘れたり、人を思いやったり、しっかり意見を聞き、そして自分の発言すべてにおいて責任を持つと言う最低限の事だけは守るべきだ。男女関係無い。間違った育てられ方をした人は、何でも間でも厳しくすれば聞くと思っているが、そんな人は居ない。

すべての大人は変わらなければならない。社会全体の責任だ。大人の質が子供の質を決める。そして未来を決める。

人格の捻じ曲がった者が増えれば、やがて犯罪も増え子供も生まれなくなる。やる気が無い人、目標の無い人、飽きやすい人、気が短い人でこの世がありふれるからだ。自然の法則にしたがってその国は破局を迎える。
誰もが、若い頃に何をやって来たかが最も大切だと気づかなければいけない。特に大人の大人であるべき、老人は。

Posted by: fox | 2007.05.08 02:08 AM

誤爆・・道徳を忘れたり→道徳を忘れたりせず・・・

Posted by: fox | 2007.05.08 02:11 AM

まあ、人のことは放っておいたらどうですか?
仮にあなたの言うとおりとしても、いくら罵倒しても何も良くはなりません。
非難のための非難ならしない方が良いです。
あなたが、「こうすべきだ」「こうしろ」と言って、誰が従いますか?
そして、非難する場合、否定できない事実があり、それは、非難する相手の非難すべき欠陥を自分がそっくり持っているということです。

私は別に、スタローンや、エステ通いのオバさんやエステサロンに何かを要求するつもりはありません。
単に、これらを見て、もっとよく考えようと言ってるだけです。

Posted by: Kay | 2007.05.08 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老人:

« 心的エネルギー | Main | ツンデレ道 »