« 群れる宗教の愚かしさ | Main | ホウレンソウとメロンパン »

2007.04.06

真に価値あるもの

日本では見られないような、壮大荘厳な大自然の風景を見て感動しても、それは一時的なものだ。
例えば、ナイアガラの滝を見て、「この感激は一生忘れない」と思っても、次はオーロラを見たくなる。
宇宙から地球を見て、全く別の人間に生まれ変わったように感じる宇宙飛行士も多いと聞くが、それも頻繁に見れるとやがて飽きてしまう。
死ぬほど恋焦がれた人と結ばれても、その幸福感は長くは続かない。結婚に至った場合、もはや恋人ではなく家族であるという認識を早く持たないと、裏切られたような気分になるだろう。
毎年、新しいアニメ作品が作られ、ヒットするものもあるが、過去に似たような作品がある場合も多い。どんなに夢中になった作品も、時がたてば色褪せ、新しいものを見たくなる。

人は誰でも、愛すべきもの、価値あるものを求めてさ迷う。
これこそ、この世を構成している幻想の罠である。
一時的には心や身体を楽しませるものも、長続きはしない。この世のいかなるものも永遠ではない。
永遠の代償は、これら有限全てである。不死の代償は死である。
マインドを使わず、何が起こるかただ見ていれば良い。
仕事をするが良い。いかに立派な仕事をやり遂げても、我々は実際には何もしていない。それはただ起こるのである。
そうすれば、真に価値あるものを見つけるし、永遠も手に入れるチャンスがあるだろう。

|

« 群れる宗教の愚かしさ | Main | ホウレンソウとメロンパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真に価値あるもの:

« 群れる宗教の愚かしさ | Main | ホウレンソウとメロンパン »