« 「真逆」は「正反対」より良い | Main | 存在 »

2007.04.15

本当の詩人とは

詩の中でも、深い真理を伝える詩には、隠し言葉や象徴が使われることはご存知と思う。
例えば、唐突に「星が消えた」という言葉が出た場合、書かれている通りに空の星のことではなく、その星は希望を表しているといった具合である。まあ、これはあくまで分かりやすい例で、本格的な隠し言葉では、それが何の象徴であるか、いや、それどころか、隠し言葉であることすら気付かれない。
なぜそんなことをするかというと、真理というものは、それを表す的確な言葉がなかなかないからだ。
そして、その象徴を解釈するのは何だろうか?それを内なる知性と言っても良いが、その力と親しい者は少ない。だが、詩人は人々の内なる知性に語っている。いや、正確には、その詩が内なる知性なのだ。本当の詩人や本当の詩とはそのようなものだ。

20070415

さて、日曜日はラキガキをする日にしております。
この体勢から、右回転しながら右手の甲を相手に叩きつけるフリッカーパンチは、女性でもなかなか威力があります・・・なんて絵ではありません^^;

左の絵をクリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 「真逆」は「正反対」より良い | Main | 存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本当の詩人とは:

« 「真逆」は「正反対」より良い | Main | 存在 »