« 馬鹿は死ねば治るか? | Main | 「見守る」ことの本当の意味 »

2007.04.11

出来事の本質

「会話をする」という。正しくは「会話がある」だ。
「私は怒った」という。正しくは「怒りがあった」である。
「経理業務をした」という。正しくは「経理業務の遂行があった」である。
画家は絵を描いていると思っている。しかし、画家は絵が完成するのを見ているだけだ。

そこここに、悲惨や理不尽が存在している。
だが、我々は、人々の状況を見て嘆いたり憤慨するが、悲惨や理不尽を見ないのだ。よって、悲惨や理不尽はなくならない。
怒りに身をまかせるだけで、怒りの本質をみない。それで、怒りは絶えることはない。
ものごとはただ起こるのである。だが、心は出来事と自分を同一化し、自分がものごとを起していると思い込む。
ものごとを、単に起こるものとして見た時、心のトリックに気付くだろう。そして、出来事にさしたる関心を持たなくなり、その影響を受けなくなる。あるいは、あらゆる出来事を予期せぬものとして歓迎するようになるだろう。

|

« 馬鹿は死ねば治るか? | Main | 「見守る」ことの本当の意味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出来事の本質:

« 馬鹿は死ねば治るか? | Main | 「見守る」ことの本当の意味 »