« 世界の変え方教えます | Main | 消え行く世界 »

2007.03.03

鈍感力のすすめ

小泉前首相が、自民党幹部に「鈍感力が大事」だとアドバイスしたらしい。
これに対し、テレビなどでも、ごく一般的な「鈍感」の意味や事例を持ち出し「敏感力が必要なんじゃないか」などという小賢しいことを言う連中もいるが、彼らの理解力こそ鈍である。
「鈍感力」とは、渡辺淳一氏のエッセー「鈍感力」(集英社)からのものであるらしいが、私は読んでいない。
しかし、まさに「鈍感力」こそ必要であることは間違いない。
「鈍感力」とは、言い換えれば、動じないことである。では、どうすれば動じないでいられるかというと、程度はともかくとして、この世を夢のようなものと見なすか、マインドを使わないことだ。そうすれば動じることはないし、ものごとにも適切に対処できるのである。

|

« 世界の変え方教えます | Main | 消え行く世界 »

Comments

ご訪問有難うございました。
kayさんは物知りですね。それに独特の感性、人生観をお持ちのようですね。いつも感心しています。

鈍感力について私も同じに感じています。
唯この世を夢のように見なすかは、別ですけど。

>動じることはないし、ものごとにも適切に対処できるのである。
私がこれから生きるうえでの究極の目標です。


Posted by: | 2007.03.05 05:40 PM

これはわざわざご訪問返し、ありがとうございます。
この世は夢だと達観でもしない限り、不動の精神は得られないかもしれない・・・程度の意味にお考え下さい。
絵は毎日、見させていただいております。とても楽しみにしております。

Posted by: Kay | 2007.03.05 09:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈍感力のすすめ:

« 世界の変え方教えます | Main | 消え行く世界 »