« 白人はこうして生まれた? | Main | 鈍感力のすすめ »

2007.03.02

世界の変え方教えます

ごく若いうちは、世の中を変えることは簡単だと思う。
年を取るごとに、それは難しいと思う。自分の家族、クラス、職場ですら容易に変えられない。
気楽に「世の中を変えてやるぜ」と言う者は馬鹿だと思って間違いない。
しかし、なぜ世の中を変えることが難しいのか、ちゃんと説明できた方が良い。
ジョン・レノンは、「レボリューション」という歌で、「世界を変えたいって?オレはお前の頭を変えてやりたいよ」と言っていたが、なぜそうしたいのか言っていない。レノンよ、お前は不親切だ(笑)。
準備もなく「世の中を変えてやる」というのは、毎日ゴハンを食べているだけの者が、その味が良くないからといって「オレが米を変えてやるぜ」と言うようなものだ。
米や、その栽培・収穫法、調理法を知っていることが米を変える必要条件であり、さらにその上に多くの十分条件を備えてこそ米やゴハンの改良が可能となる。

世の中を変える必要条件すら満たさない者が「世の中を変える」と言うのが愚かしい訳である。
また、それほどではないが、世の中を変える方法を聞く馬鹿もいる(笑)。それは、例えて言えば、家から出たことのない者が、帰り道を聞くようなものだ。

さてでは、世界を変えるには、世界について知り、それを動かす方法を会得すれば良いことが分かった。
ところが、それは意外と簡単である(笑)。
マイケル・ジャクソンの「マン・イン・ザ・ミラー」という歌で、「世界を変えるには、まず鏡の中の男を変えることから始めるのだ」とあるが、これは違う。必要なのは鏡を磨くことだ。ただし、心の鏡である。
よって、世界を変えるための最も正しい質問は「心の磨き方」である。荘子も、最高の人間の心を鏡に例えた。これを磨き、自己を正しく見ればそれで十分である。

|

« 白人はこうして生まれた? | Main | 鈍感力のすすめ »

Comments

心を鏡のように磨くことは、世俗の垢にまみれたわたしには困難なことのように感じます。しかし、チャレンジしてみたいです。

Posted by: yuyu-museum | 2007.03.03 07:36 PM

>レノンよ、お前は不親切だ(笑)。
って、すっご笑っちゃいました。
笑いがあると、難しいこともするりと入ってきちゃいますね!

Posted by: lemoco-layco | 2007.03.04 04:44 PM

yuyu-museumさん、こんばんは。


いつも謙虚でいらっしゃいますね。私はまず、そこを見習うべきかもしれない^^;

Posted by: Kay | 2007.03.04 07:20 PM

lemoco-laycoさん、いらっしゃいませ。

なるほど。そういうものですね。
真面目だけの人間である私には、なかなか冗談が言えそうにありません。
え?誰が真面目?
お黙り!!

Posted by: Kay | 2007.03.04 07:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界の変え方教えます:

« 白人はこうして生まれた? | Main | 鈍感力のすすめ »