« なぜ流れ星に願いをかけるのか? | Main | その愛は本物か? »

2007.03.23

あなたはだあれ?

ある親愛なる方のサイトで、私は半分冗談で、「起きている時間の99パーセントは妄想している」と言ったのだが、考えてみればこれは間違いだ。限りなく100パーセントである。
仏教の教えに「妄想するなかれ」というものがあるらしいが、それは不可能だ。
では、どんな状態の時は妄想していると言えるのだろうか?
それは、自分とは関係なく世界が存在し、自分がその中にいると思っている状態である。

世界的ベストセラー「ソフィーの世界」で、ソフィーは「あなたは誰か?」「世界はどこからきたのか?」という手紙を受け取ったらしいが、答えは出たのだろうか?(私は読んでいない)

では、「あなたは誰?」、自分にとっては「私は誰?」なのであろう?
「私はモデルだ」「私は画家だ」「私は○○大学の学生だ」「私は○○の長女だ」などいろいろあるであろうが、これは本当だろうか?
よく、「作家の誰それさんが死亡しました」なんてニュースがあるが、死んでしまえば作家でも何でもない。学生や会社員も、退学になったりクビになればそうでなくなる。
誰かの子供であるということについては、それは単にそう信じているだけである。
「私は日本人だ」さらに「私は人間だ」はどうであろう?
日本が消滅したら日本人でなくなるし、地球の支配者がどこかの宇宙人になり、人間と猿の区別をやめて一律で猿と呼ぶことになれば、やはり我々は人間ではない。
究極的には、我々は誰でも何でもない。ただ何かであると思い込んでいるだけだが、その思い込みは幻想や妄想以上のものではない。こう言うと、「いや、私は絵を描いて食っている。これは妄想ではない」とか「私は教師として確固とした使命感を持っている」と言いたい者もいるかもしれない。では、画家をやめて夜警になって食えるかもしれないし、スリになっても使命感を持てることもあるだろう。

あえて「私は誰か?」に答えるならば、「私は何でもない。私はあれであるとかこれであるとかは言えない。ただ、私は存在する」になるだろう。
ところで、この「存在」を意味する“being”という歌があったので、CDを購入した。KOTOKOという女性アーチストの歌で、自分で作詞・作曲している。これは、人気小説・漫画・アニメ「灼眼のシャナ」の主題歌であるらしい。
で、この「灼眼のシャナ」という作品には、人の存在を灯に変えて食らう化け物が登場し、それに食らわれでもしたのか、悠二という少年にシャナが「あまえはもう存在していない」と言ったらしい。漫画もアニメも1度も見ていないので詳細は分らない。
とりあえずDVDを発注したが(笑)、我々は存在を失うことはできない。私というものについて唯一言えることは「存在する」だけであり、「存在しない」とは言えない。
肉体が滅んでも、別に霊のようなものではないが、やはり存在を失わない。これは精妙なものへの注意を怠らなければ理解は難しくはない。ただ、これを言葉で言う限りは、やはり幻想や妄想の一種でしかない。
世界は、心の幻想が作り出したものだ。私が世界の中にあるのではなく、世界が私の中にある。早い話が夢と変わらない。もっとも、普通の人にとっては、現実味のある牢獄である。

|

« なぜ流れ星に願いをかけるのか? | Main | その愛は本物か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あなたはだあれ?:

« なぜ流れ星に願いをかけるのか? | Main | その愛は本物か? »