« 頭が良いと論争に負ける | Main | なぜ流れ星に願いをかけるのか? »

2007.03.21

ナオミの床掃除

歩く芸術品、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんがニューヨーク市衛生局の床掃除やトイレ掃除をしているらしい。もちろん、現在も現役のスーパーモデルとして超高収入のナオミがお金がなくなったのではなく、雇っていた家政婦への暴行事件での判決による強制労働である。
ファッション・ショーに興味のない私だが、ナオミといえば、マイケル・ジャクソンの「イン・ザ・クローゼット」という曲のビデオ・クリップでマイケルと共演していたのをよく憶えている。監督は高名な写真家のハーブ・リッツだけあり、素晴らしく美しい映像であった。ナオミ177センチ、マイケル178センチとほぼ同じだが、ナオミが大きく見えたような気がした。ただ、マイケルはある意味、男性として理想的なプロポーションであることがかえってよく分かったような気がした。
ナオミの床磨き、モップかけ、是非見てみたいものである。

加藤諦三さんの、何という本かは忘れたが、女中さんをアゴで使っていた奥さんが、家が貧しくなってしまい、自分が女中さんをやることになり、屈辱に泣くというお話があった。
ナオミは数日掃除をすれば良く、現在も未来もずっとセレブである。しかし、この女中になった奥さんに楽しい未来はないかもしれない。
W.B.イェイツの「年老いたアラブ人によって書かれた『3つの悦びの歌』」に関する謎のような文書の中で、富豪であったアラブ人が、財産を人にくれてやり召使いになる話がある。彼は、家を奪われた時、家族を殺された時、そして、自らの死が近いことを知った時、それぞれ「喜びの歌」を作った。
これらの不幸を、自らの意思であると認識した時、喜びに満ち溢れたのだ。彼の一生は幸福であった。
女中をアゴで使っていた奥さんが、自分が女中になるハメになった時に泣く・・・なんと馬鹿げたことであろうか?

|

« 頭が良いと論争に負ける | Main | なぜ流れ星に願いをかけるのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナオミの床掃除:

» ナオミ・キャンベルが全身黒の“完全防備”で社会奉仕活動 [にゅーす☆芸能]
スーパーモデルのナオミ・キャンベル(36)が19日(日本時間20日)、米ニューヨーク市内で清掃活動を行った。 ナオミは今年1月、家政婦に携帯電話を投げつけたとして、裁判所に5日間の社会奉仕活動などを命じる判決を言い渡されていた。 ナオミはこの日朝、マンハッタンの清掃関連施設に、黒の服装に黒の帽子、さらに黒のサングラスという完全防備で現れ、施設内で清掃活動に当たった。作業中、1時間が1度、... [Read More]

Tracked on 2007.03.22 01:52 AM

« 頭が良いと論争に負ける | Main | なぜ流れ星に願いをかけるのか? »