« 方法叙説のすゝめ | Main | 私だけが存在する »

2007.02.12

人間の美徳

本日、テレビで石原慎太郎都知事のインタヴューを視聴したが、興味深い話があった。
三島由紀夫に、「自分の思う男の美徳を紙に書こう」と言われて書きあったところ、お2人とも「自己犠牲」と書いたらしい。
自己犠牲とは、他人のために自分の欲望を無視してしまうことだと思う。
別に男に限らず、例えば巫女やシスターの服に憧れを持つのは、それが本来は自己犠牲を示すからと思う。形で言うなら、男では、ある意味、軍服かもしれない。

20070211

そんなわけで、シスター萌えは続く・・・ではなく、「自己犠牲」の象徴、シスターさんを描きました^^;
儲け主義の企業(政府も加担)による消費意欲(欲しがり癖)増大作戦のため、我慢知らずの馬鹿女をもてはやす風潮が強いのは嘆かわしいですが、自分の欲望から注意を逸らすことは、自分にも幸福をもたらすものだと断言できます。
左の小さな絵をクリックすると、大きな絵がポップアップで出ます。

|

« 方法叙説のすゝめ | Main | 私だけが存在する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人間の美徳:

« 方法叙説のすゝめ | Main | 私だけが存在する »